» » MACD【Moving Average Convergence Divergence】

MACD【Moving Average Convergence Divergence】

MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、「エムエーシーディー」または「マックディ」という名称で呼ばれています。
直訳すると「移動平均収束拡散法」という、ちょっと難しい(ややこしい)言葉になりますが、あまり堅く考えなくても、シグナルだけを使えるようになれば問題はありません。

このテクニカル指標は非常に信頼性が高いとされており、100%当たる!というわけではないのですが、けっこう当たるテクニカル指標と言われています。

2本の線で表わされていて、一本はMACDのライン、もう一本は「シグナル」と呼ばれています。

MACDの算出は、指数平滑移動平均・長期平均・短期平均が使用され、短期平均から長期平均の引いた値を繋いだラインがMACDとなります。

また、こうして算出したMACD数値の「一定期間分単純平均」を施したものが「シグナル」です。
このMACDとシグナルの2本のラインによって、為替相場の状況を分析していくのです。
以下の図でいうと≪赤い線=MACD緑の線=シグナル≫となります。

【ドル/円・30分足】MACD指標 ドル/円・30分足 (外為オンラインより)

MACDの見方・使い方

MACDはのチャートは、なんだか移動平均線みたいに見えるかと思います。
実際にMACDの正式名称が「移動平均収束拡散法」であることから、移動平均線を拡大したり縮小させたりする手法であることがわかりますね。

MACDの代表的な売買シグナルの見方として、2つあげられます。

?ゼロラインよりどちらの位置にあるか
上昇トレンド時は、MACDはゼロラインよりも上に位置していて、上昇がいったん終わるとMACDはゼロラインへ引き寄せられます。

そこから下降に転じることになれば、ゼロラインよりも下に価格は変動します。
それに従って、MACDが現在位置しているところを見るだけで相場の傾向(上昇or下降)をつかめる!というわけなのです。

ゼロラインよりどちらの位置にあるか (外為オンラインより)

?ゴールデンクロス・デットクロス
2本のラインの位置関係を見ると売買ポイントが見えてきます。
MACDがシグナル線とクロスして上に抜けることになれば、買いのタイミングとなります。
これをMACDの「ゴールデンクロス」といいます。

逆にMACDがシグナル線とクロスして下に抜ける事を「デットクロス」言い、売りのタイミングとして利用されています。
ゴールデンクロスととデッドクロスは、テクニカル分析の基本とも呼べるものであり、相場の転換ポイントとされています。
これは多くの投資家が利用している売買サインのひとつです。

ゼロラインよりどちらの位置にあるか (外為オンラインより)

考え方・算出方法

MACDを出すには、「指数平滑移動平均線(EMA)」というものが使われています。
この「指数平滑移動平均線(EMA)」とは、直近の値にウエイトをかけ、データが古くなっていくとウエイトは減少する仕組みです。
この「指数平滑移動平均線(EMA)」を使って、その相関関係からシグナルを見ていくのです。

計算式

上記がMACDの・・というよりかは、「指数平滑移動平均線(EMA)の算出方法」です。

まずNに短期と長期2つの期間をあてはめた、2つのEMAを算出します。

一般的には移動平均線と同じく、13日や26日などが一番よく使われる期間となります。

この方法で2つのEMAを算出し、短期EMAから長期のEMAを引いたものが「MACD」となるのです。
そしてMACD値の9日間の移動平均を出したものが、MACDとクロスする「シグナル」といわれる線になります。

計算式はちょっと複雑ですよね。
難しくて計算できないかも!と思った方、ご安心ください。
MACDを取り扱っているFX会社では自動的に計算してくれる仕組みとなっているので、無理に覚える必要はないです。
上記の計算式はご参考までに。

MACDのその他の売買シグナルをチェック!

移動平均線やストキャスティクスと同じように、MACDの線とシグナルの線がゴールデンクロスすれば買いシグナル、デッドクロスすれば売りシグナルということはお分かりいただけたかと思います。

また、ストキャスティクスやRSIのように分析チャートが上昇部分or下降部分でクロスしたものは、シグナルの精度がより高いものになります。
MACDは%などの値で表されるわけではないので、上限下限は決まっていないのですが、「0」(ゼロライン)が基準点となっています。

その為プラス部分が上限となり、マイナス部分が下限となります。
このようにMACDのシグナルは、移動平均線やストキャスティクスを理解している人にとっては、非常にわかりやすい指標になっているのです。

MACDの注意点

MACDはオシレーター系の他のテクニカル分析と同じように、短い時間足だけで判断すると「ダマシ」が多くなります。
なので、長い時間足と平行してチェックしていくことが重要なのです。

特に、高値や安値を更新する程の大きな値動きが出た際は、どうしてもMACDが後追いの形となって表示されます。
こういった場合は正確な判断が難しくなるので、十分な注意が必要です。

MACDは移動平均線をベースとして作られているため、一般的なオシレーター系指標よりも早く売買のタイミングが表れることが良いところですが、単独で使用するというのは難しいものがあります。

したがって、他のオシレーター系やトレンド系の分析方法と組み合わせて取引に役立てていくことが、確実な利用法といえるでしょう。

関連するおすすめのページ

・基本的な移動平均線を理解して、エントリーポイントの目安にしよう!
テクニカル分析の基本とされる移動平均線を使った売買の方法や、ゴールデンクロス・デッドクロスを紹介しています。
MACDに似ているとも言われているので、こちらの分析もマスターしてしまいましょう!

当サイトがオススメするFX会社

LINEはじめました。