取引単位【Trading unit】

取引単位とは取引を行う時に必要最低限必要となる売買単位の事を言います。
取引単位はFX会社によって異なりますが1万通貨単位が主流となっていますが近年1,000~1通貨単位で取引ができるようになるFX会社もあります。

取引一覧 (GMOクリック証券より)

上の表はGMOクリック証券(案件リンク)の取引単位の一覧です。
南アフリカランド/円以外は全て1万通貨単位になっています。
このように各fx会社毎に取り扱っている通貨とそれに対応した取引単位をまとめていますので必ず目を通すようにしておきましょう。

通貨単位ってどういう意味?

FXでは各国の通貨を取引するもので、1通貨と言うのは取引を行う国の通貨が基準になります。日本だと円、米ドルだと1ドルと言った感じになります。
1ドル100円で計算をすると

米ドルで1,000通貨単位と言うのは1,000ドル単位=10万円から取引ができます!

ということです。
少ない通貨単位で取引ができる会社で高いレバレッジとかけて取引すると驚くほど少ない初期金額でFXを始めることが出来ます。

lotってなに?

通貨単位や取引単位を見ているとよる目にするのが「1Lot(ロット)」という単位です。
基本的に日本国内のでFX会社では1Lot = 1万通貨として扱っている事が多いです。
キャッシュバックキャンペーンの中に○○Lot取引!や△△通貨取引!と書いてある事が多いのでこの違いは覚えておいて損はないですね。

取引一覧 (DMM FXより)

右は当サイトとがDMM FXと行っているタイアップキャンペーンですが5,000円キャッシュバックのところに<1lot取引で>とあります。
1lotの取引ということなのでこのキャンペーンは1度取引を行えば5,000円のキャッシュバックがもらえるという大変手頃で、お得なキャンペーンになっています。

通貨単位が小さいことによるメリット

通貨単位が小さいことによるメリットはなんといっても少額で取引を始めることができる点と損失が抑えられるという点です。
1万通貨単位(1lot)と1,000通貨単位(0.1lot)で取引を行った時の違いを比べてみましょう。

同じ米ドル円を100円で買った場合(レバレッジ25倍)にポジションを持つのに必要な証拠金は1万通貨では10,000×100÷25で40,000円必要なのに対して1,000通貨では1,000×100÷25で4,000円の証拠金で取引を始めることが出来ます。

また、この状態から1円の円高になると1万通貨では10,000円の損失になるのと比べて1,000通貨では1,000円の損失と1/10に抑えることが出来ます。
もちろん、利益も1,000通貨で取引したときは1万通貨で取引した時の1/10になってしまいますが、初心者であればまず損失を減らす事を優先にして取引を行ったほうが長続きしますので、出来る限り小さい取引単位で取引をすることがおすすめされています。

米ドル/円を100円で購入した場合※レバレッジ25倍

10,000通貨(1Lot) 1,000通貨(0.1Lot)
必要証拠金 40,000円 4,000円
1円の円高 -10,000円 -1,000円
1円の円安 +10,000円 +1,000円


新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました