» » 米国労働市場は好調ですが - インフレ率の動きにも注目

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュバック
ピックアップ!
ひと言メモ
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 最大56,000円 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとかなりお得に。
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大33,000円 発注システムが使いやすい。
そして狭いスプレッドも魅力のひとつ。
外為どっとコム 1,000通貨 20 最大30,000円 約定がしっかりしている。
そして情報が豊富な点が◎

ポイント 【ヒロセ通商】取扱通貨ペア50種類以上あるFX口座で取引すれば複数のトレードをしても資金管理しやすい>>

2017.07.14

米国労働市場は好調ですが - インフレ率の動きにも注目

昨日の経済指標発表の結果

昨日発表された米国指標は堅調なものが多かった。
先週分の新規失業保険申請件数は3000件減少で24.7万件となった。

申請件数が減少したのは1ヶ月ぶりとなった。
ただ申請件数30万件以下は労働市場が堅調とみなされ、今のところ123週連続で30万件を下回る状況が続いている。

通常この時期は自動車メーカーが設備の変更のために工場が操業停止となり、新規失業保険申請件数の数字がぶれるが、 ここ数年は自動車の売り上げが好調だったために工場は操業をとめないところもあったが、今年は自動車生産が落ちているために稼動停止の延長もあるという報道もある。

今後は申請件数の数字に注意したい。

また6月の米卸売物価指数は前月比0.1%上昇し予想、5月の横ばいを上回った。
前年同月比では2%上昇となり5月の2.4%上昇からは低下したが予想の1.9%は上回った。

食品・エネルギー、貿易サービスを除いたコア指数は0.2%上昇し、5月の0.1%低下から上昇した。
前年同月比では2%上昇となったが、5月の2.1%上昇からは低下した。

【ヒロセ通商】通常52,000円+当サイト限定4,000円キャッシュバック!

FRBが目標とするインフレ率とは

FRBは、FRBが目標とするインフレ率の2%を長期に下回っているが、引き続き物価動向を注視しており、大半のメンバーが物価の野弱含みは一時的という見方をしている。

イエレンFRB議長はインフレ率の動きを注意しているが、好調な労働市場が継続すれば、いずれFRBが目標とする2%のインフレ率に近づくという見方をしている。

その意味では新規失業保険申請件数が24〜25万件と歴史的に低い水準で推移しており、失業率が4.4%と先月の4.3%からは上昇したが、 こちらも歴史的に見て低い水準で推移していることは、イエレンFRB議長が予想するように、いずれ賃金の上昇を伴えばインフレ率の上昇を伴うのではないかと思われる。

ドル円は113円割れが引き続き堅調に推移している。
本日は連休前と変則的な5・10日ということもあり、9時55分の仲値に向けてドル買い需要がありドル円は113.57付近まで上昇している。

しかし下落後にレジスタンスになっている113.60〜70亜依然としてレジスタンスになっており、ここを抜けられないと113円を挟んだ動きが続きそうだ。

ドル円10分足チャート

ドル円10分足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。