» » 上値の重いポンドは戻り売りを狙いレンジトレードで

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュバック
ピックアップ!
ひと言メモ
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 最大56,000円 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとかなりお得に。
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大33,000円 発注システムが使いやすい。
そして狭いスプレッドも魅力のひとつ。
外為どっとコム 1,000通貨 20 最大30,000円 約定がしっかりしている。
そして情報が豊富な点が◎

ポイント 【ヒロセ通商】取扱通貨ペア50種類以上あるFX口座で取引すれば複数のトレードをしても資金管理しやすい>>

2017.08.22

上値の重いポンドは戻り売りを狙いレンジトレードで

昨日から米韓軍事演習が始まり、それに対して北朝鮮の反応が地政学的リスクを高めて、昨日は株安、円高の流れとなった。 欧州序盤はユーロ円、ドル円の下落となったが、市場ではアジアの中央銀行の円買いが出たとの噂もあった。

アジアの中央銀行は管理変動相場制に近い形の通貨が多いがあまり通貨高になると 輸出企業が困るので(ここらへんは円高で日本の輸出企業が苦しくなるのと同様)、 ドル買い自国通貨売りの介入を頻繁にやるケースがある。

またアジアの中央銀行は外貨準備をたくさん抱え、それがほとんどドルなので、ドルの下落による外貨準備の毀損もあるので、 外貨準備をドル以外の通貨に換えるなどのリザーブシフトを行うことも多い。

介入のケースだと、ドル買い自国通貨買いをやって増えたドルをリバランスするためにドル売り円買いなどを行うことも多い。

中央銀行の動きは秘密にされることが多く、実態は正確にはわからないが、 本日のようなケースのほかには、大規模にドルから他の通貨にリザーブシフトをしたり、 また他の通貨からドルに外貨準備をシフトすることもあり、そのようなケースではマーケットが大きく動くこともある。

アジア時間にこのような介入が入った場合は欧州時間に円高になるケースもあるが、 昨日は地政学的リスクもあり108.64付近まで下落し、先週の安値108.60に迫った。

しかしムニューシン米財務長官が原色の留まる以降を確認し、税制改革実施を公約したことはドルのサポート材料となった。

またマコーネル共和党上院院内総務が米国の債務上限の引き上げに対して自信を表明したことで、政府機関の閉鎖を含めた危機の懸念が後退したことでドルは反発した。

本日も仲値に向けて実筋の買いが出たようで、日本株がやや上昇したこともあり109.30付近まで上昇した

英国のデービスEU離脱担当相は交渉を2段階推し進めるために英国の方針を説明する文章を2本公表したが、 EU側は市民の権利、EUに支払う精算金、アイルランド問題で進展が見られるまで通商などの交渉に入らないとしている。

ポンドドルは1.2950付近がレジスタンスになっている。
ポンドドルは1.2850〜1.2950のレンジ内の動きと思われる。

ポンドドル30分足チャート

ポンドドル30分足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。