1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

ポイント 【LINE】YEN蔵氏の最新コラムがLINEで読める!»

2017.08.10

ニュージーランドドルに注目

本日の早朝にRBNZ(ニュージーランド準備銀行)は政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レートを予想通り1.75%に据え置いた。

声明では政策は相当な期間緩和的なスタンスを維持することを改めて確認した。
声明の内容は世界経済は概して成長した。

ただインフレと賃金に関しては依然として抑制的である。
債券利回りは低く、株価は歴史的レベルになっている。

金融政策は経済の成長のためには刺激的であることが望まれる。
貿易加重平均でのニュージーランドドルは5月以降のドル安の影響で上昇している。

貿易、インフレなどでよりバランスの取れた成長のためにはニュージーランドドルの下落が必要。

2019年の第1四半期にインフレ率は2%に達すると予想とし、従来の2019年第2四半期からインフレ率の到達の時期を前倒しとした。

インフレ率の前倒しの見通しをうけてニュージーランドドルは0.7330付近から0.7368付近まで上昇。

しかし一昨日のレジスタンスレベルである0.7360〜70を上抜けできず再び0.7330付近まで下落している。

ウィラーRBNZ総裁はニュージーランドドルが下落することが望ましい。
為替介入は常にRBNZに開かれている。

インフレ率を2%に戻すためには利下げは必要ないと述べた。

再度ニュージーランドドル高を牽制したことがニュージーランドドルの下落を促した。

ニュージーランドドルは昨日0.7310付近まで下落したが、0.7300付近が短期的なサポートとなっている。

ここを抜ける7月17日の安値0.7250〜60付近がサポートとなろう。
このレベルは5月11日の安値0.6820付近〜7月27日の高値0.7560付近の38.2%戻しに当たる。
このレベルを下抜けしした場合は50%戻しの0.72付近が中期的なサポートレベルとして意識される。

ニュージーランド円は4月の安値75.65付近〜7月27日の高値83.90付近の38.2%戻しは80.70〜80に当たるが、昨日はこのレベルを割り込んで80.20付近まで下落した。

短期的には82円付近がレジスタンスになっており、昨日の安値80.20付近、また75.65〜83.90の50%戻しにあたる79.70〜80付近がサポートとして意識される。

ニュージーランドドル4時間足

ニュージーランドドル4時間足 ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。