» » 強いインフレ指標でポンドは堅調に

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュバック
ピックアップ!
ひと言メモ
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 最大56,000円 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとかなりお得に。
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大33,000円 発注システムが使いやすい。
そして狭いスプレッドも魅力のひとつ。
外為どっとコム 1,000通貨 20 最大30,000円 約定がしっかりしている。
そして情報が豊富な点が◎

ポイント 【ヒロセ通商】取扱通貨ペア50種類以上あるFX口座で取引すれば複数のトレードをしても資金管理しやすい>>

2017.09.13

強いインフレ指標でポンドは堅調に

8月英消費者物価指数は前年同月比2.9%の上昇となり予想の2.8%を上回り、また6月、7月の2.6%も上回った。 昨年の6月にブレグジットが決まったことによりポンド安が進行し輸入品の物価が上がり、特に衣料品は前年同月比4.6%の上昇となり、1997年以来の高い数字となったことがCPIを押し上げた

14日に行われるBOE金融政策委員会では据え置きが予想される。BOEのインフレ目標は2%で現状はそれを上回っている。 BOEは先月、ポンド安のためにインフレ率が10月に3%に達すると予想していた。

インフレ率がBOEの予想よりも長引く可能性があるが、ブレグジットによって経済に不透明感があることを警戒しており、 上期に成長が鈍化していることも考慮に入れて、利上げが行われないとの予想が大勢を占めている。

ただインフレ率の上昇が続くとBOEは難しい舵取りをしなければならないかもしれない。 数字を受けてポンドは上昇した。

7月の米JOLTS(求人労働移動調査)は求人数が5.4万件増加し620万件となり、2000年12月の調査開始以来最高水準となった。 昨日実施された米10年国債の入札は、各国中銀を含む間接入札の落札比率が55.28%となり、需要が低調だったことで米10年債利回りは上昇した。

またムニューシン米財務長官が、税制改革に取り組むことを再確認したという報道も米長期金利を上昇させた。

前日から続く北朝鮮問題の落ち着き、ハリケーンの被害がそれほどでもなかったことを好感した、リスクオンの動きはこの日も継続した。 米長期金利の上昇もありドル円は110円台前半の上昇し110円台を維持している。

ポンドドルは指標を受けて1.32978まで上昇し、8月の高値1.32675を上抜けしブレグジット後の高値を更新した。 ポンドドル、ドル円の上昇を受けてポンド円は146.577まで上昇し8月の高値146.798に迫っている。

ポンド円はブレグジット後に117.871まで下落し、戻り高値は昨年12月の148.455、5月の148.108、7月の147.776となっており148円台中盤がレジスタンスとなっている。

このレベルを上抜けできれば150円を試しに行くだろうが、148円台が超えられないようだと138〜148円のレンジが継続しよう。

ポンド円日足チャート

ドル円60分足チャート ※クリックで画像拡大

いいね! 【ヒロセ通商】過去10年以上さかのぼれるチャートは重宝します。
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ

ポイント 動画セミナーは超超超豪華な講師陣!【無料あり】


月別アーカイブ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。