» » 弱いGDPで豪ドルは下落したがレンジで推移

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

2017.09. 6

弱いGDPで豪ドルは下落したがレンジで推移

地政学的リスクを引きずっており、また新たなハリケーンのイルマに対する不安なども米国市場をリスクオフの動きに向かわせた。 ブレイナードFRB理事は、米インフレ率は目標を大幅に下回っており、FRBは物価が上向いていると確信が持てるまで利上げに慎重になる必要があるとした。

またカプラン・ダラス連銀総裁もインフレ率が伸び悩む中で当面、利上げを行うべきではないと述べたことで米10年債利回りは一時2.054%に低下した。

米国株も地政学的リスクの影響を受けてダウは1.07%、SP500は0.76%、ナスダックは0.93%と3市場そろっての下落となった。

本日は仲値に向けて108.80付近まで上昇したが、本日の実需勢の動きは鈍く、108.80付近がレジスタンスとなった。

しかし108円台は機関投資家の買いも観測され、再び108円台がサポートできるかどうかが本日の重要なポイントとなろう。

朝方は日経平均が19254.67円まで下落し8月29日の安値19280.02円を下回ったが、下げ幅をやや縮小している。

ドル円も108.50付近まで下落したがやや反発した。
第2四半期のオーストラリアのGDPは前期比0.8%となり、前回の0.3%を上回ったが予想の0.9%を下回った。前年同期比では1.8%となり、前回の1.7%を上回った。

数字の発表前に0.8020付近まで上昇していた豪ドルは数字を受けて0.7985付近まで下落した。 豪ドル円も81.20付近まで上昇していたが、86.85付近まで下落した。

豪ドルは7月27日に0.8065に上昇後に8月15日に0.7810付近まで下落し、再び0.80付近に上昇してきている。 前回高値の0.80台中盤を上抜けできるかどうかが注目される。 サポートレベルは0.78付近となっているが、このレベルは7月18日に上抜けするまでは2015年以降レジスタンスになっていたレベル。

また2014年6月の高値0.9504付近から2016年1月の安値0.6826付近のレンジの61.8%戻しとなっており、中期的には重要なサポートレベルとして機能している。

豪ドル円は8月の安値85.45付近が4月19日の安値81.486〜7月27日の高値89.423の50%戻しの85.40付近がサポートされており、85.40〜88円のレンジで推移している。

豪ドル週足チャート

豪ドル週足チャート ※クリックで画像拡大

豪ドル円日足チャート

豪ドル円日足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。