» » 材料待ちのマーケット。注目は米2月の消費者物価指数の発表!

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

2018.03.13

材料待ちのマーケット。注目は米2月の消費者物価指数の発表!

だんだんと天候も暖かくなってきて、もうすぐ春という感じになってきましたね。
ただ相場のほうはいまひとつピリッとしない展開が続いています。

昨日の東京時間は森友学園問題が、ドル円と日本株の重石となりました。
雇用統計後も107円が完全に越えられずに106円台後半で推移していました。
国会で野党の追及が高まる中で、麻生財務相が記者会見とのニュースを受けて、ドル円は106円台中盤に下落し、株価も下落して、昨日は終了しました。

ここまで安倍政権が長期的に安定していて、政治リスクがなかったことも日本株にとっては追い風になっていました。
アベノミクスを推進していた麻生財務相が森友問題で引責辞任をするのではとの観測も日本株とドル円の下落要因となりました。
ただ昨日の記者会見では麻生財務相は辞任をきっぱり否定しました。

報道によると麻生財務相は来週アルゼンチンで開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議を欠席する方向で検討しているとされ、森友問題が引き続きマーケットの注目材料になりそうです。

ドルは全般的に上値の重い展開となりました。
米財務省が実施した280億ドルの3年債の入札では、投資家から堅調な需要が見られました。
また210億ドルの10年債も実施されました。
3年債、10年債の入札では応札倍率が平均を下回りましたが、それほど供給圧力とはならず、2年債利回りは前日の2.266%とほぼ変わらず、10年債利回りは2.894%から2.87%に低下しました。

米長期金利の低下もあり、ドルは全般的に下落しました。
昨晩はダウが157ドル安となり、今朝は日経平均が一時100円を超える下落となったことで、ドル円も106.25付近まで下落しましたが、仲値にかけて小幅に上昇。
日経平均が下げ幅を縮小すると106.35付近の狭いレンジで推移しています。

本日は米2月の消費者物価指数の発表があります。
先月の米雇用統計では賃金の上昇率が大きくなり、そのために今年のFRBの利上げが4回になるのではとの思惑が株価下落の引き金になりました。

米国指標待ちの動きになりそうですが、短期的にはドル円の106.20〜30のサポートを維持できるかどうかに注目しています。

ドル円時間足チャート

ドル円時間足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。