» » ECB理事会、朝鮮半島問題で円安。日経平均を押し上げ一時…

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

2018.03. 9

ECB理事会、朝鮮半島問題で円安。日経平均を押し上げ一時…

おはようございます。
天気は冴えないですが、マーケットのほうは活気付いてきました。
きっかけはECB理事会でした。

昨晩行われたECB理事会では金融政策は据え置き。
ECBスタッフによる経済見通しでは、向こう数年間は緩やかに上昇していくものの、2020年までに物価目標を達成できないとの見方をしめして、インフレ見通しは小幅に下方修正、成長率は小幅に上方修正しました。
インフレ率に関しては2019年インフレ見通しを1.5→1.4%に、2018年成長見通しを2.3→2.4%に小幅に上方修正しましたが、概ね据え置きになりました。

最大のポイントは必要なら債券買い入れ規模を拡大するという従来の方針、これは緩和バイアスと呼ばれていましたが、この文言が削除されました。
これによってマーケットは量的緩和に向けた小幅な第一歩を踏み出したと解釈しました。
それを受けてユーロドルは一時1.2445付近まで、ユーロ円は131.80付近まで上昇しました。

しかし、現在行われている月額300億ユーロの債券買い入れは9月まで継続するとともに、インフレ動向が目標水準に持続的に達するまで延長する意向と表明しました。
またドラギECB総裁は、勝利宣言はまだできないと語るなど、ハト派的な側面もあり、ユーロドルはその後1.23付近、ユーロ円も130.50付近まで下落しました。

早朝の報道によると韓国特使の発表として、北朝鮮がミサイル、核の実験停止を確約、金委員長がトランプ大統領に会談を申し入れなどが発表されました。

これをうけて106円台前半で推移していたドル円は106.50付近を上抜けして上昇しました。
106.50超えからは短期のヘッジファンドなどがドル円の買いを行い106.95付近まで上昇しています。

北朝鮮がらみのニュースは地政学的なリスクの低下と言う意味で、円安への流れを加速させるとともに、昨晩の米国株が上昇していたこともあり、日経平均を押し上げ、一時500円超の上昇となりましたが、上げ幅を縮小させています。

ドル円は前回戻り高値107.90〜105.249の61.8%戻し付近まで反発しています。
ここを越えると下落前の107.20〜30、107.60〜70、107.90付近がターゲットとなります。

ドル円時間足チャート

ドル円時間足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。