» » ドル円は107.50超えが重要、その時日経平均のレベルは…

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

2018.04.13

ドル円は107.50超えが重要、その時日経平均のレベルは…

こんにちはYEN蔵(@YENZOU)です。

昨日が暖かかったので、今日は少し涼しく感じますね。
マーケットのほうはやや春っぽい動きとなりました。

日本の株はドル円やクロス円といった為替の影響と、米国株の影響を受けます。
当然為替が円安になるほうが日本株にとっては上昇の材料になります。
日本はトヨタなどの製造業が大企業として多く存在します。
大企業製造業は輸出の割合が大きいので、円安になるほうが製造業の収益が上昇します。
ですから円安のほうが日本株が上昇する材料になるわけです。

一方で日本はエネルギーや食料品を輸入していますし、いろいろな完成品も輸入していますから、円安になるとそれらの製品の価格が上昇してしまいます。
むしろ円高になったほうが企業もエネルギー価格が下がってコストを削減できます。
また消費者としても個人としては物の値段が下がったほうが購買力が上がりますから恩恵を受けるはずです。

ただ円高による日本の恩恵はどれぐらいあるのかの数値的な評価がなかなか難しく、円高で株価上昇とはなりにくい部分があります。

過去には円高でも株価が上昇するパターンもありましたし、最近はドル円と日経平均の連動性が薄れて、多少円高でも日経平均が上昇するケースもありました。

本日はドル円が再び107.50に接近したことや、米国のダウ指数が293ドル高だったことで、日経平均も一時200円超の上昇となりました。

しかし107.50は依然としてレジスタンスとなっており、日経平均も111.41円高で前場の取引を終えています。

107.50を完全に超えて108円に近づく動きとなれば、日経平均も2月28日以来の22,000円を超えていく動きになるのではないでしょうか。

108円、22,000円は中期的に上値の目処になっているところで。
ここのレベルを完全に上抜けできれば、かなり動きは違ってくるのではないでしょうか。

そうなると110円付近、23,000円付近への動きになってくるのではないかと思っています。
まずは107.50を超えて108円を超えられるか、そのときに日経平均が22,000円を完全に上抜けして23,000円方向に向かうのか見極めたいと思います。

ドル円日足チャート

ドル円日足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。