1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

2018.06.13

本日のFOMCでのポイントは?

こんにちは。YEN蔵(@YENZOU)です。
今日もいい天気ですね。

さて昨日は市場の材料の賞味期限について書きました。
為替市場の材料の注目期間は短いです。

先日も書きましたが週末のG7で月曜の早朝はドル円、クロス円が売りになりましたが、G7の材料をすぐに消化して、円安方向の動きになりました。

そして昨日の米朝首脳会談にテーマが移り、昨日は少なくとも決裂はないだろうとの思惑からか、結果が出る前から株高、円安となりました。

しかし米朝会談の材料も消化して、昨晩はパウエルFRB議長が毎回のFOMCのときに記者会見を行うかどうか検討するとの報道でドル買いになりました。

こうやって見ると旬な材料は半日ぐらいしか持ちませんね。

ただ今週はこれからFOMC、ECB、日銀が金融政策を発表するビックイベントが控えています。
為替市場は目先の材料に目移りが激しいのですが、金融政策に関しては長いテーマになります。

現在米国は先進国のなかで唯一金融政策を引き締めています。
というかここまでFOMCは声明文で金融政策は緩和的といっていますから、あくまで緩和的な金融政策を中立方向に持っていっている過程です。

今日のFOMCの発表は毎度朝の3時と日本人にとっては厳しい時間帯です。
FOMCでの政策金利であるFFレート(フィラデルフィア・ファンドレート)の0.25%の引き上げはほぼ織り込まれています。

注目されるのは、今後の利上げの速度が加速するのかどうかです。
3ヶ月ごとに発表されるドットチャート(FOMCのメンバーが2018〜2020年末にFFレートがどの辺りにいるのが適切かをアンケートしたものをグラフにしたものです。
いわばメンバーの金利予想ともいえます)がどのようになるかです。
今年の利上げ予想は今のところ合計3回です。
これが4回になる可能性がどのくらいあるのか、あるいはないのかを探るのが本日の注目ポイントです。

ユーロドルは1.1840付近が高値となり、サポートされていた1.1770付近を下抜けして1.1730付近まで下落しました。
1.17を維持できるかどうかが短期的なポイントと見ています。

ユーロドル4時間足チャート

ユーロドル4時間足チャート (チャート:ヒロセ通商より)



プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。