» » 週末のG7で米国は孤立化。週明けのマーケットが心配でしたが…

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

2018.06.11

週末のG7で米国は孤立化。週明けのマーケットが心配でしたが…

こんにちは。YEN蔵(@YENZOU)です。
きょうは雨が激しいですね。

さて週末カナダではG7サミットが行われていました。
今回は米国と他の国が貿易問題で対立してG6+1などと呼ばれていました。

G7がスタートしたのは1975年11月です。
1973年のオイルショックと世界不況で西側諸国が結束して経済問題を話し合う会議がスタートしました。
これは財務大臣級の会合でした。

これを発展させた形で、フランスのジスカールデスタン大統領が1975年11月にフランスのランブイエに、米国、英国、西ドイツ、日本を招待しG5としてスタートしました。
しかしそこにイタリアが乗り込んできて、結局G6としてスタートしました。

2回目の1976年米国で行われた会議にカナダが招待されてG7が出来上がり今に続いています。

先進国首脳が集まって、その時々の世界の問題を話し合うのが首脳会談の目的です。
過去にはオイルショックに始まり、テロとの戦いなど経済の問題だけではなく、政治の問題などもテーマになりました。
いずれにせよ先進国の首脳が集まり結束して世界の問題に取り組んでいこうというのが会議の主旨でした。

そのあいだにロシアが招かれてG8になったり、新興国も加えたG20が注目されたりもしましたが、やはり依然として世界の経済と政治に影響を与えるG7の影響力は強く、G7サミットは注目されるイベントです。

先進国の結束を示すし問題に立ち向かっていくというのが主旨で、いままでも意見の相違がかなりありましたが、今回は米国の孤立化が目立ちいままでとはちょっと違うG7サミットになってしまいました。

なんとかこぎつけた首脳宣言に対して、トランプ大統領がツイッターで拒否とつぶやくなど週明けのマーケットが心配でしたが、この影響はあまりなかったようです。

早朝は109.26付近でスタートし、金曜日のニューヨーククローズの109.45からはギャップダウンでした。
しかし5・10日ということもあり、仲値に向かっては上昇していき、一時109.539まで上昇しましたが109.40〜50付近で膠着しています。

109.70〜80を上抜けできるかがポイントとみています。
ここを超えられないようであれば再び108.〜110のレンジではないでしょうか。

ドル円時間足チャート

ドル円時間足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)



プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。