» YEN蔵が教える円相場&トレード術(17ページ)

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. ゆきママ
 YEN蔵が教える円相場&トレード術
YEN蔵が選ぶ
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
ヒロセ通商
(LION FX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 取引通貨、発注システムが豊富。
キャンペーンは使い分けるとお得に。
※原則固定

YEN蔵のFXブログ最新記事

強い豪雇用統計で豪ドルが上昇 - 次のターゲットは??

先日のテイラー・スタンフォード大学教授のFRB議長就任の可能性が高まったとの報道を受けて、 米長期金利が上昇すると欧州序盤はドル円は堅調に推移した。ドル円は112円台後半に上昇した。 9月の米住宅着...

続きを読む

FRB議長人事に注目 - トランプ大統領の思惑とは?

トランプ大統領はFRBの議長人事をアジア歴訪(11月3日)前に発表する見通しとなってきた。 関係者の話ではトランプ大統領は5人の候補者に絞ってきており、イエレンFRB議長、コーンNEC(国家経済会議...

続きを読む

強い米国指標でドルが上昇 - 逆に欧州通貨は下落・・その要因とは?

昨日発表された10月のニューヨーク州製造業業況指数は+30.2となり市場予想の20.7、9月の24.4を上回った。2014年9月以来の高水準となった。 新規受注は24.9から18に低下したが、雇用指...

続きを読む

弱い米CPIがドルの上値をおさえる - 今後の想定レンジとは?

13日に発表された米9月の消費者物価指数は前月比0.5%と予想の0.6%を下回り、 前年同月比では2.2%となり8月1.9%は上回ったが予想の2.6%を下回った。予想は下回ったが、1月以来8ヶ月ぶり...

続きを読む

今晩は米CPIの指標に注目 - 注目通貨ペアはユーロドル

9月米卸売物価指数は前月比0.4%の上昇になった。 予想の0.4%と一致し、8月の0.2%からは上昇幅が拡大した。前年比では2.6%の上昇となり、8月の2.4%、予想の2.5%を上回り2012年2月...

続きを読む

FOMC議事要旨でドル売りに - 今後の利上げはどうなる?

昨晩は、FOMC議事要旨が発表された。 ここでは12月の利上げに関しては可能性はあっても、今後の利上げペースに関しては今後発表されるインフレ指標次第との見解が示されたことで、内容はややハト派的とみな...

続きを読む

カタルーニャ問題などでユーロは一時反発

昨日はさまざまなニュースがユーロのサポート材料となった。 8月のドイツ貿易統計は216億ユーロの黒字となり、予想の200億ユーロを上回った。 輸出が前月比3.1%の増加になる一方で輸入は前月比1.2...

続きを読む

雇用統計はポジティブに捉えられたが - 北朝鮮ミサイル発射の憶測による相場変動あり

6日発表の9月米雇用統計の数字は、 非農業部門雇用者数の数字以外は強いものとなり、ドルは一時上昇した。 非農業部門雇用者数は3.3万人減少となり、市場予想の7〜10万人増加を大きく下回るものとなった...

続きを読む

いくつかの材料がドル高、欧州通貨安の流れを作った

発表されたECB理事会議事要旨では、年末の期限を迎える資産買い入れ策の延長に向けたさまざまなシナリオの検討が行われたことがわかった。 インフレに関しては、一部のメンバーがユーロ高のマイナスの影響が過...

続きを読む

弱い豪指標で豪ドルが下落 - このままさらに下落は進むのか?

9月のADP民間雇用者数は13.5万人増加となり、予想の12.5万人は上回った。 雇用は増加となったが、ハリケーン・ハービーとイルマの影響で小規模の企業が7000人減少となり、小売業や情報産業の雇用...

続きを読む



プロフィール

YEN蔵 田代岳 氏【通称:YEN蔵】
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。

長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。 ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。 また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

「YEN蔵」の名でブログ「YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資」を開設。 為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。
また、Twitterでは「YENZOU」でマーケットの動きをつぶやいている。