• 投稿:2018.01.30 (最終更新:2018.06.25)

ドル円はFOMC待ち。経済見通しを引き上げるのでは…

プラートECB専務理事は、ECB理事会が持続的な調整への条件が整ったと判断した場合は、ガイダンスに沿ってネットの資産買い入れを終了するとの見解を示した。
資産買い入れ終了を段階的に行うか、一度に終了するかは依然として理事会で検討する必要があると述べた。

またクノット・オランダ中銀総裁はECBの債券買い入れについて年内の終了を明確にするべきと発言した。

これらを受けてユーロ圏の債券利回りは上昇した。
ドイツ5年債利回りは3年ぶりにプラス圏に上昇、10年債利回りは0.636%と前日の0.569%から上昇した。

フランスやオランダ10年国債も最近の高年圏に上昇している。

しかし金利は世界的に上昇傾向にあり、米長期金利も上昇したことでむしろドル買いの流れとなりユーロ圏の金利の上昇がユーロの買い材料にはならずドルは反発している。

米10年債利回りは昨晩一時2.727%を示現し2014年4月以来の高値を示現した。

明日はFOMCが開催され、経済見通しを引き上げるのではとの思惑も出てきている。

昨晩はアップルの下げが重石となりダウが177ドル安となり、SP500は0.67%安、ナスダックは0.52%安となり3市場揃って下落となった。

長期金利の上昇が株価の重石になった格好となった。

東京市場では月末の5・10日仲値ということで、仲値前に輸入勢からの買いが入った。
また米10年債利回りが上昇したことで、短期筋がドル円の買いがでたようで一時109.20付近まで上昇した。
しかし時間外でダウ先物が200ドル超の下落となり、日経平均も後場に入り下げ幅を拡大し350円超下落するとともにマザーズ指数も26ポイント下落するなど東京市場も下げ幅を拡大すると、ドル円も108.67付近まで下落し本日の安値を更新している。

ドル円は、昨日108.282の安値を示現した後は、本日の109.205が戻り高値となっている。
この109.20付近は本日2回トライしたが上抜けに失敗したことと、日本株の下落で再度108円台中盤で推移している。

短期的には108.20~107.20のレンジでの動きになっているが、FOMC超の相場となっている。

ドル円時間足チャート

ドル円時間足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました