• 投稿:2018.02.06 (最終更新:2018.06.25)

株価の下落が円高要因に。昨晩のニューヨーク市場も大荒れ…

昨晩のニューヨーク市場では大荒れの動きとなった。

ダウは1175ドル安の24345.75ドルで終了した。
下落率は4.6%だか一時は1500ドルを超える大幅な下落となった。
SP500は4.1%、ナスダックは3.78%下落と3市場揃って下落し株式市場は大荒れとなった。

株価の下落を受けて、債券価格は上昇し債券利回りは低下した。
米10年債利回りは前日の2.85%から2.707%まで低下し、これを受けてドル円も108円台まで下落している。

株価の下落を受けて、米金利先物は大幅に上昇、ここまで株価の下落要因になっていたFRBの利上げペースの加速との見方が後退した。

FRBの利上げを占うフェドウォッチによると、市場が織り込む今年のFRBの利上げ確率は16%となり、先週の28%から低下した。
また3月のFOMCで乗り上げの織り込み度は先週の76%から66%に低下した。

またハト派として知られている、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁は、追加利上げを支持する前には、賃金、物価上昇を示す一段の兆候を確認したいという考えを示した。
インフレ率が2%の目標に向かって上昇し、さらに賃金が上昇していることを確認したいとした。

東京市場でも株価の下落は止まらず、日経平均は1194.21円の下落で21487.87円で前場を終了。
夜間取引でダウ先物も大きく下落している。

12月の豪小売売上高は前月比0.5%減少と予想の0.2%減少より悪化した。
12月の豪貿易収支も13.58億豪ドルの赤字となり、予想の2億豪ドルの黒字より弱い数字となった。
輸出は前月比2%増加したが、輸入も前月比6%の増加となり、輸入の増加が貿易収支を悪化させた。

弱い豪州の経済指標を受けて豪ドルは0.78549まで下落した。
また米長期金利の上昇で一時109.円台前半に上昇していたドル円は日経平均の下落を受けて108.55まで下落した。

豪ドル、ドル円の下落を受けて豪ドル円は85円台呼応反から一時85.259まで下落した。

豪ドル円は3日連続の大幅下落となり88円台から84円台に下落しているが、11月27日の安値84.348が短期的なサポートレベルとして意識される。

豪ドル円日足チャート

豪ドル円日足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました