• 投稿:2018.02.07 (最終更新:2018.06.25)

ランドは反発。株価下落による動きで一時…

昨日の東京市場が株価の底になった。

昨晩のニューヨーク市場もオープンでは500ドル安となったが、その後はすぐに反発してプラス圏に浮上した。

結局ダウは567ドル高と2.33%の大幅な上昇となった。
SP500は1.74%、ナスダックは2.13%と3市場揃っての上昇となった。

前日は株価の下落によって債券市場に資金が流入し、10年債利回りは一時2.65%まで低下したが、昨日のニューヨーク市場では株価の反発を受けて債券が売られたことで、10年債利回りは2.78%まで上昇している。

しかし米長期金利の上昇はドル買いには結びつかずむしろややドル売りの流れとなっている。

昨日は東京時間に日経平均が21000付近まで下落したときに、ドル円は108.45まで下落したが、その後の株式市場の反発で一時109.70付近まで上昇した。

ただ109.70~80もレジスタンスとなっており、日経平均が後場から下落すると109.30付近まで下落している。
ドル円は依然として108.~110円のレンジ内の動きが継続すると思われる。

南アフリカの与党ANC(アフリカ民族会議)はズマ大統領の辞任に関して協議すると予想されていたNEC(全国執行委員会)の開催を延期した。
現地の報道によるとズマ大統領は一定の条件が整えば辞任する容易があると述べていると報じている。

意思決定のためのNECの臨時会合は7日にケープタウンで開かれる予定だったが17日延期された。

関係者によると会合の延期の理由は、ズマ大統領と、12月にANC党首に選ばれたラマポーザ副大統領が権力移行について前向きな協議を続けるためと説明している。

現地の報道によるとズマ大統領とラマポーザ副大統領の前提条件がまとまれば、大統領は辞任すると関係者の話を報じている。

ランド円は昨日は株価下落による動きで一時8.913円まで下落した。
しかし株式市場が落ち着き反発するとドル円が上昇すると、ランド円も一時9.201円まで反発している。

ランド市場はズマ大統領の辞任を好材料としており、ズマ大統領の辞任を織り込みにいっている。
会合は延期されたが17日の会合までランドの押し目買いが有効なのではないだろうか。

ランド円日足チャート

ランド円日足チャート ※クリックで画像拡大
(チャート:ヒロセ通商より)

本日の記事に関連するページ


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました