• 投稿:2018.06.11 (最終更新:2018.07.04)

週末のG7で米国は孤立化。週明けのマーケットが心配でしたが…

こんにちは。YEN蔵(@YENZOU)です。
きょうは雨が激しいですね。

さて週末カナダではG7サミットが行われていました。
今回は米国と他の国が貿易問題で対立してG6+1などと呼ばれていました。

G7がスタートしたのは1975年11月です。
1973年のオイルショックと世界不況で西側諸国が結束して経済問題を話し合う会議がスタートしました。
これは財務大臣級の会合でした。

これを発展させた形で、フランスのジスカールデスタン大統領が1975年11月にフランスのランブイエに、米国、英国、西ドイツ、日本を招待しG5としてスタートしました。
しかしそこにイタリアが乗り込んできて、結局G6としてスタートしました。

2回目の1976年米国で行われた会議にカナダが招待されてG7が出来上がり今に続いています。

先進国首脳が集まって、その時々の世界の問題を話し合うのが首脳会談の目的です。
過去にはオイルショックに始まり、テロとの戦いなど経済の問題だけではなく、政治の問題などもテーマになりました。
いずれにせよ先進国の首脳が集まり結束して世界の問題に取り組んでいこうというのが会議の主旨でした。

そのあいだにロシアが招かれてG8になったり、新興国も加えたG20が注目されたりもしましたが、やはり依然として世界の経済と政治に影響を与えるG7の影響力は強く、G7サミットは注目されるイベントです。

先進国の結束を示すし問題に立ち向かっていくというのが主旨で、いままでも意見の相違がかなりありましたが、今回は米国の孤立化が目立ちいままでとはちょっと違うG7サミットになってしまいました。

なんとかこぎつけた首脳宣言に対して、トランプ大統領がツイッターで拒否とつぶやくなど週明けのマーケットが心配でしたが、この影響はあまりなかったようです。

早朝は109.26付近でスタートし、金曜日のニューヨーククローズの109.45からはギャップダウンでした。
しかし5・10日ということもあり、仲値に向かっては上昇していき、一時109.539まで上昇しましたが109.40~50付近で膠着しています。

109.70~80を上抜けできるかがポイントとみています。
ここを超えられないようであれば再び108.~110のレンジではないでしょうか。

ドル円時間足チャート

ドル円時間足チャート (チャート:ヒロセ通商より)


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました