• 投稿:2018.06.08 (最終更新:2018.07.04)

イベント前のポジション調整。ビックイベントを控えての…

こんにちは。YEN蔵(@YENZOU)です。
昨日の東京市場はドル円、クロス円が上昇し、株価も上昇しリスクオンの動きとなりました。

欧州序盤までは来週のECB理事会で債券買入の年内終了を決定するのではとの期待感から、ユーロドルは3週間ぶりの高値まで上昇しました。

しかしその後は、来週に向けたポジション調整的な動きがでて円高の流れとなりました。

まず昨晩は日米首脳会談があり、共同会見が深夜行われたのですが、その会見に向けて円高の流れとなりました。

本日と明日はカナダでG7首脳会談が行われ、米国の孤立化が目立ち、ここら辺も円安から円高にリスクオフの流れとなる原因だったような気がします。

また来週は12日が米朝首脳会談、12~13日はFOMC、14日がECB理事会、14~15日が日銀政策決定会合と11日以外は毎日ビックイベントがあります。

このうち12日の米朝首脳会談だけは何が飛び出すのか分からないので、予測は不可能ですが、予測の可能性という意味では日銀→FOMC→ECBの順で、おそらく何もないのは日銀ということになるでしょう。

東京の株式市場は本日がメジャーSQだったことでイベントをひとつ終了しました。
しかし為替のほうはまだ来週に向けてイベントが盛り沢山ということで、やはりここまでの円安の流れが一旦利食いも入りポジション調整しているというのが昨晩から本日にかけての円高の流れではないでしょうか。

FOMCの利上げ局面ということで、新興市場から資金流出しており新興市場の通貨が売られています。
トルコは昨晩の利上げで反発していますが、南アフリカランドやメキシコペソ、ブラジルレアルなどの売りは続いています。

ドル円は108.11まで下落した後は、節目の110円を超えて110.265まで上昇しました。
このレベルは下落前の5月18日の高値111.395~5月29日の安値108.111のフィボナッチ・リトレースメント38.2%戻しにあたります。

110.20付近がレジスタンスとなったドル円は短期的には、一目均衡表の転換線の109.20付近、節目の109円付近がサポートと思われます。

それでは皆さん、良い週末を!!

ドル円日足チャート

ドル円日足チャート (チャート:ヒロセ通商より)


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました