• 投稿:2018.07.31 (最終更新:2018.08.02)

お昼過ぎの日銀に注目!110.50~111.50のレンジをブレークできるかがポイント!

お昼過ぎの日銀に注目!110.50~111.50のレンジをブレークできるかがポイント!

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

昨日から日銀金融政策決定会合が行われています。
そして為替市場も株式市場も債券市場もこの結果を待っています。
日本のマーケットだけではなく海外勢も日銀の決定に注目しています。

日本銀行は、現在はイールドカーブコントロール(長短金利操作)つき量的・質的金融緩和という政策を行っています。
これは債券を購入することによって金利の調整(金利情趣をおさえながら)市場にお金を流しながら、ETF(上場投資信託)の購入を通じて株式市場に資金を流しながら株式市場を支えています。

日銀としては債券市場で資金を流して金利上昇を抑える、株式市場に資金を流して株式市場を支えるとは口を避けてもいえません。
あくまでデフレを脱却して、インフレ率を2%程度にするために資金を供給しているというのが建前です。

国が発行する債券が国債ですが、このうち10年もの国債の金利を0%程度にするように日銀は今まで政策を行っていました。
10年国債の金利はこれまでは0~0.3%程度でほとんど動きませんでした。
しかし7月20日からこの金利上昇が目立ち0.09%付近に上昇しました。

これは日本銀行が今回の政策決定会合で金融政策を変更するのではないかとの報道が目立ち始めました。
7月26日の日経新聞では日銀はETFの購入配分の見直しを検討すると報じました。
日経平均の一部の銘柄の比率が増加して価格形成に過度の影響を与えるといった副作用があるためです。

副作用を回避するためにTOPIX型のETF購入を増やすとの報道がありました。

日銀は長期金利の上昇を抑えるために指値オペという国債を無制限に買い入れる方法で、10年債利回りが0.1%を超えて上昇することを抑えています。

お昼過ぎに発表される日銀の決定にみな息を呑んでまっているところです。

チャートはドル円の日足です。
ここのところ111円をはさんで小動きです。
日銀の決定を受けて110.50~111.50のレンジをブレークできるかどうかがポイントです。

ドル円日足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより)

ドル円日足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより) (チャート:ヒロセ通商より)


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました