• 投稿:2018.08.09 (最終更新:2018.08.09)

ドルカナダが乱高下。来週開催予定のNAFTA協議(北米自由貿易協定)にも注目…!

ドルカナダが乱高下

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

台風がそれていったようで、大きな被害にならず良かったですね。
さてマーケットのほうは株安・円高の流れになっています。

一昨日は人民元高、上海総合指数の上昇が世界的な株の上昇、円安の流れの材料になりました。

しかし昨日は上海相総合指数が1.3%ほど下落したことで、夕方ぐらいから円高の流れが加速しました。
ドル円の111円割れなどクロス円が全般的に下落しました。
特にポンドの下落が目立っています。

英国が条件で合意のないままEUを離脱する可能性が高まっていることもありポンドに売り圧力がかかっています。
ポンドはは1年ぶりの安値まで下落しています。

またカナダドルも乱高下しました。
カナダはサウジアラビアに対して、拘束されている人権活動家の開放を求めています。

これに対してサウジアラビアは反発しており、カナダの資産を多く保有するサウジアラビアが資産売却に動いているのではないかとの報道にカナダ売りとなりました。

英紙FT(フィナンシャル・タイムズ)が資産売却の報道をしました。
この報道でドルカナダは一時1.3120付近まで上昇しカナダ売りが加速しました。
このレベルは7月25日までサポートされていたレベルです。

カナダ円も84.70付近まで下落しました。
84.70付近も7月25日以来サポートされているレベルで、そこは維持されました。

しかしその後、カナダが早ければ来週にもワシントンで開催されるNAFTAの再交渉の協議への復帰を予定していると報道されるとカナダは急速に買い戻されました。

ドルカナダは1.3120から1.3010付近に下落しました。
カナダ円は84.70付近から85.30付近に上昇しました。

チャートはカナダ円の時間足です。
昨日の安値84.70付近は7月25日からサポートされている、中期的に重要なサポートレベルです。

ここを抜けてしまうと7月24日の安値84.25付近への下落の可能性があります。

また85.40付近も8月8日に下抜けするまでサポートしていたところで、短期的なレジスタンスになっています。

カナダ円時間足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより)

カナダ円時間足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより) (チャート:ヒロセ通商より)


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました