• 投稿:2018.11.16 (最終更新:2018.11.16)

世界的に景気の減速感を示す指標が続く中、特に日独(ユーロ円)の経済減速に注意!

世界的に景気の減速感を示す指標が続く中、特に日独(ユーロ円)の経済減速に注意!

ブレグジットで揺れるポンドだけでなく世界的にも景気の減速感を示す指標が続く

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

ブレグジットを巡ってポンドの乱高下が続きますが、世界的に景気の減速感を示す指標が続いています。

14日に発表された日本の7~9月期のGDP(実質国内総生産)は前期比0.3%の減少となりました。
年率換算では1.2%の減少となり1~3月期以来2四半期ぶりのマイナスとなりました。

内需が0.2%分、外需が0.1%分GDPを押し下げました。
自然災害が相次いだことで個人消費の伸びが抑えられ、個人消費が-0.1%となりました。

4~6月期の+0.7%から大きく落ち込み、自然災害の影響を受けました。
民間の設備投資は-0.2%と8四半期ぶりのマイナスとなりました。

輸出も-1.8%と5四半期ぶりのマイナスとなりました。
自然災害で物流網が寸断されたり、生産が遅れたことなどが原因となりました。
自然災害によるGDPの落ち込みが一時的なものに終わるのか、次期以降の数字が注目されます。

14日に発表されたドイツの7~9月期のGDPは前期比0.2%減少と2015年第1四半期以来のマイナス成長となりました。
世界的な貿易問題や自動車業界での新たな排ガス基準を巡る対応などで輸出が低迷したことが原因でした。

アルトマイヤー経済相は0.2%のマイナス成長は破壊的な状況ではないと発言。
ドイツ経済省は一時的な要因で第4四半期には成長は回復する見通しを示しました。

16日に発表された米国の指標は堅調なものが多く出ていました。
日本とドイツ経済の減速は今のところ一時的である可能性はあります。

しかし米国の経済がまだ持ってるとはいえ、日独が減速したことは今後は注意してみていくことが必要かもしれません。

日本・ドイツ経済の減速でユーロ円にはどう影響が?

チャートはユーロ円の週足です。

週足ベースで見るとユーロ円はまだ124.60~133.12のレンジ内の動きです。
2016年6月の安値109.08~2018年1月の高値137.50のフィボナッチ・リトレースメント61.8%戻しが126.70付近となっています。

まだこのレベルもサポートされており、ユーロ円はこの2年でみるとユーロ高のレベルといってもよいレベルです。

ユーロ円週足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより)

ユーロ円週足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより) (チャート:ヒロセ通商より)

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    失敗続きのFX初心者におすすめ!ライントレード手法でプラス5万円稼ぐ
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  3. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  5. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました