• 投稿:2018.08.10 (最終更新:2018.08.10)

日本のGDP(実質国内総生産)は強めの数字。ユーロ円相場は下落が加速?

日本のGDP(実質国内総生産)は強めの数字。ユーロ円相場は下落が加速?

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

GDP(実質国内総生産)速報値の発表を受けて

今日は日本の4~6月期のGDP(実質国内総生産)速報値の発表がありました。
前期比+0.5%、年率換算で+1.9%となり予想の+0.3%、+1.4%を上回りました。

GDP統計は内閣府から発表されます。
4~6月は民間需要を中心にGDPは増加しました。
内需がGDPが0.6%押し上げ2四半期ぶりにプラスになりました。

一方で外需の寄与は-0.1%となり2四半期ぶりのマイナスになりました。
4~6月期は民間最終消費支出が前期比+0.7%と予想の0.2%を大きく上回りました。
個人消費が成長を牽引したわけですが、個人消費がプラスになるのは2四半期振りです。

雇用状況や所得の増加などが民間消費の牽引に寄与しているようです。
民間設備投資は+1.3%となり予想の+0.6%を上回りました。設備投資の増加は7四半期連続です。

建設やソフトウェアなだ幅広い範囲で増加しています。
輸出入では、輸出が+0.2%と8四半期連続で増加しました。

船舶の輸出等が好調でしたが、伸び率は1~3月期の+0.6%から鈍化しました。
政府の2018年度実質成長率見通しは+1.5%で、内閣府の見通しを達成するには各期が0.59%の成長が必要です。
あまり実感はないのですが、日本のGDP成長率は昨年の7~9月期以来の高成長でした。

個人所得は上昇、個人支出が減少しているのはなぜ?

先日発表された家計調査でも、個人所得は上昇しているのですが、個人支出は減少していました。
これは個人が財布の紐を締めているのか、社会保障費の上昇が消費を押せているのかも知れません。

ユーロ円4時間足のチャートを見てみよう。今後どのような動きになる?

チャートはユーロ円の4時間足です。
128.50~129のレンジをしばらく続けていましたが、昨晩ついに128.50を下抜けしました。
128.50は6月28日に上抜けして以来サポートしていた重要なサポートレベルでした。

ここを下抜けしたことでユーロ円は下落が加速、6月28日の安値127.15付近魔で下落となるのではないでしょうか。

ユーロ円4時間足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより)

ユーロ円4時間足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより) (チャート:ヒロセ通商より)


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました