• 投稿:2018.07.09 (最終更新:2018.08.02)

市場は底打ちか?先週は6月末だったこともあり…

凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 取引単位 通貨数 ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適!(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得に!(YEN蔵)
凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 ポイント
GMOクリック証券 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得(YEN蔵)

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

先週は米国の中国に対する関税の発動、米雇用統計とイベントがあった週でした。

一旦底打ちした相場になったと思います。

前週は6月末ということで月末、四半期末、半期末のフローが出ましたが、先週は米中摩擦を警戒しながら下を試して始まりました。

しかし米国の関税の発動、それに対する中国の報復はありましたが、すでに市場は織り込んでおり、sell on rumor buy on fact 噂で売って、真実で買い戻す展開になりました。

イベントの有るときの典型的な反応ですが、米雇用統計の後もこの流れが続き、そのままニューヨーク市場は終了しました。

先週底値をつけたマーケットは今週もその流れを引き継ぎ、あるものはショートカバーしながら高値を試しに行くと思われます。

ドル安、円安(クロス円)、株高の流れが週初からで、この流れがどこまで続くのか確かめる週となりそうです。

そうは言っても本格的なリスクオンという動きではなく、あくまで米中貿易摩擦の激化でリスクオフの流れになったものの反発の域は出ないので天井はそれほど高くはないと思っています。

人民元の下落、上海総合指数の下落を受けて、日本株も下落し円高の局面もありましたが、結局は大きな下落がなく反発しました。

やはり人民元と上海総合指数が反発したいことが大きかったと思われます。

3日に易網・中国人民銀行総裁が人民元を均衡の取れた水準で安定的に維持すると発言し、

人民元を貿易戦争に利用しないとも発言したことで人民元売りから人民元買いに変化したことが中国株もサポートしました。

これでいったん中国売りが収まったことが先週のマーケットを落ちつかせました。

ユーロ円はレジスタンスになっていた129.60~70を上抜けしました。

6月前半の高値130.30~40付近が133.48~124.619の38.2%戻しに当たり、ここが抜けるかどうかがポイントになるでしょう。

このレベルを上抜けできれば131.30~40が次のターゲットになります。

ユーロ円チャート

ユーロ円チャート (チャート:ヒロセ通商より)


新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました