• 投稿:2018.08.01 (最終更新:2018.08.02)

日銀の政策変更を受けて円安に。国債市場の流動性の低下も問題に…

日銀の政策変更を受けて円安に。国債市場の流動性の低下も問題に…

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

昨日は日銀が金融政策を微調整しましたが結果としてはドル円は上昇、クロス円も上昇となり円安となりました。
日本銀行は現在行っている金融政策を強化するための措置をとりました。

事前に報道されていた金融政策の副作用に配慮する内容でしたが、金融緩和の縮小などはありませんでした。

黒田日銀総裁は、現状の長短金利操作は基本的に変更がない、長期金利の変動を許容し0.1%から倍程度の変動を想定と述べました。

この発言で一時円高になりましたが、早期の出口や金利引き上げの観測を否定したことで再び円安に向かいました。
今回日銀が変更した政策は、これまでの政策によって生じた副作用をおさえるための政策と思われます。

資産買入でこれまでの日銀のETF(上場投資信託)の購入だと日経225構成銘柄の一部の銘柄に資金が集中して価格形成がゆがんでいました。

この副作用を回避するために日銀のETFの買い入れをTOPIX型中心に変更しました。

また今回日銀が長期金利の変動幅を拡大したのは国債市場の流動性の低下が問題になっており、この副作用を回避するための措置と黒田総裁は発言しました。

日銀は国債の発行額を超える買い入れ額を維持し、市場では国債の品薄感もあり、日銀が買い入れを維持すれば金利は上がらない可能性が高いでしょう。

結局今回の措置はこれまで日銀が協力に進めてきた金融緩和が副作用によって頓挫することさけて、強力な金融緩和政策を長い間にわたって継続するための政策変更だと思われます。

マーケットもそのことに理解したためにドル円、クロス円が上昇して円安の流れになりました。

チャートはドル円の日足です。
7月23日以降のレンジ110.60~111.60のレンジを上抜けし、一時111.95付近まで上昇した。

昨晩は112円のせに失敗しましたが、ここまでレジスタンスになっていた111.50~60がサポートとなり再度112円を試す動きになるでしょう。

ドル円日足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより)

ドル円日足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより) (チャート:ヒロセ通商より)

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    失敗続きのFX初心者におすすめ!ライントレード手法でプラス5万円稼ぐ
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  3. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  5. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました