• 投稿:2019.01.11 (最終更新:2019.01.11)
FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

米国の雇用について解説!ソフトデータ・ハードデータとは?

米国の雇用について解説!ソフトデータ・ハードデータとは?

米国経済の悪化からマーケット市場も不安に包まれる

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

年末年始にかけて株安、円高の動きになりましたが、米国経済の減速?も雰囲気を悪くさせていました。

ISM景況感指数などソフトデータと呼ばれるアンケート系の指標が低下したことなどで、景気のセンチメントが悪化したのでは、との思惑もマーケットの雰囲気を悪化させました。

これらのアンケート系の指標は景気の動きに敏感なために、景気の動きの初動をつかむには良いかもしれません。

しかし本当に米国景気が減速したのかどうかを見るにはハードデータと呼ばれる景気指標をチェックしてみる必要があります。

ハードデータとは?最も重要度が高いのは雇用統計

ハードデータというのはGDP(実質国内総生産)や鉱工業生産、住宅指標など実際の生産や販売などの動きです。
その中でも指標の王様といえばやはり雇用統計でしょう。

先週発表された雇用統計は、非農業部門雇用者数が31.2万人と予想の18万人を大きく上回り、前月の17.6万人も上回りました。

雇用指標の続編として今週発表された11月のJOLTS(雇用動態調査)で求人数は688.8万人になりましたが、予想の705万人を下回りました。

前月の713.1万人を下回り、過去最高だった8月の729.3万人も下回りました。
ただ求人数自体は8ヶ月連続で失業者数を超える状況が続いています。

12月の数字は好調でしたが、11月までの数字ではやはり求人数や新規採用者数が減少し労働市場の堅調さもやや頭打ちになっています。

12月の数字によってこれらが改善しているのかどうか、来月の数字が注目されます。

来月の雇用統計の数字に注目!労働市場の堅調さに変化はあるか?

チャートはドル円の時間足です。
109.08付近まで上昇後に昨日107.67付近まで下落しました。

上昇前に107.50付近がサポートしており再びこのレベルが維持されてドル円は反発しました。
9日の高値109.08から安値の107.67のフィボナッチ・リトレースメント50%戻しが108.40付近です。

38.2%戻しの108.60付近を上抜けできず、61.8%戻しの108.25付近がサポートされています。
どちらに抜けるかに注目しています。

ドル円時間足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより)

ドル円時間足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより) (チャート:ヒロセ通商より)

LINEはじめました。
FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    失敗続きのFX初心者におすすめ!ライントレード手法でプラス5万円稼ぐ
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  3. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  5. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました