• 投稿:2018.11.15 (最終更新:2018.11.15)

豪ドルは雇用統計の強い結果を受けて堅調。豪ドル円の値動きをどう見る?

豪ドルは雇用統計の強い結果を受けて堅調。豪ドル円の値動きをどう見る?

ブレグジットの影響からポンドが乱高下

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

今日は天気が良いですね。
こんな日は外でランチがしたいな~と思いつつ原稿書いてます。

ブレグジットの交渉の進展をみながらポンドが乱高下しています。
しかし要人発言や、報道によって上下に振らされるのでポンドもなかなかエントリーしにくいですね。

豪ドルが動いたワケとは?10月豪州雇用統計の結果を見てみよう

さて本日動いたのは豪ドルです。
10月の豪州の雇用統計が発表されました。

10月の豪就業者数は32,800人と予想の20,000人を上回り、9月の7,800人増加からも加速しました。
フルタイムの就業者数も42,300人の増加と強い数字でした。

10月の失業率は5%と予想の5.1%を下回りました。
これは2012年以来の低い水準です。
また労働参加率は65.6%と予想の65.5%を上回りました。

豪州の労働市場は堅調?米中貿易摩擦も弱気な材料に

労働参加率が上昇して求職者数が増加したにも関わらず失業率が低下したことは、それだけ就業者数の増加が大きかったということで、求人が引き続き堅調なことを示しています。

労働市場が堅調にもかかわらずインフレは抑制されています。
米中の貿易摩擦の問題は豪州に対しては弱気の材料にはなります。

しかし労働市場は依然として堅調です。
このような中で今は抑制されているインフレ指標ですが、これが上昇の兆しを見せたときに中央銀行であるオーストラリア準備銀行(RBA)はどのような動きをするか注目されます。

RBAが今後いつ利上げに動くのかはまだ明確なヒントが出ていません。

チャートはオーストラリアドル円(豪ドル円)の週足チャートです。

豪ドル円週足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより)

豪ドル円週足チャート相場(ヒロセ通商LIONFXより) (チャート:ヒロセ通商より)

2016年6月に72.15の安値まで下落しましたが、その後は底打ちし上昇トレンドとなりました。
9月に90.30の高値をつけた後は下落トレンドとなっています。

最近の安値72.15~高値90.30の半値戻しは81.20付近となっています。
38.2%戻しが79円付近となっており、このレベルが短期的なサポートとして機能しています。

一方で61.8%戻しは83.40付近となっています。
高値は84.50付近まで上昇していますが、豪ドル円はおおむね、このフィボナッチ・リトレースメントの範囲で推移しています。

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    失敗続きのFX初心者におすすめ!ライントレード手法でプラス5万円稼ぐ
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  3. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  5. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました