FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

相場を米中通商交渉進展への期待が支える!香港情勢も要チェック

ドル円相場を米中通商交渉進展への期待が支える!香港情勢も要チェック

先週は米中通商交渉を巡る報道で乱高下、FT(フィナンシャル・タイムズ)紙の交渉難航報道から急落するも、ラリー・クドローNEC(国家経済会議)委員長の合意間近発言で全戻しという流れでした。

今週も米中通商交渉が最大の焦点で、これに関係した物事の動きがポイントとなりそうです。

香港情勢に注目!香港人権法案の可決がポイント

今週はFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録の公表などが予定されているものの、経済指標はやや小粒です。
したがって、政治情勢などが大いに注目されることでしょう。

そして、引き続き米中通商交渉の行方が市場にとって最大の関心ですが、これに関連して米議会では香港人権・民主主義法案の審議の真っ最中です。

米国が香港の人権動向をチェックし、与えている特権を毎年精査するという内容になっており、米議会としては民主化を求める抗議デモ参加者への賛意を示す狙いもあります。

マルコ・ルビオ上院議員は遅くとも11月28日の感謝祭前には法案を上下両院で通過させたいとしており、早ければ18日中にも採決が行われる可能性があります。

最終的に大統領の署名が必要になりますが、ドナルド・ジョン・トランプ大統領としては署名するのか、それとも拒否権を発動するのかが問われることになりそうです。

当然ですが、署名すれば中国の顔に泥を塗ることになるわけですから、米中通商交渉が破談する可能性は相当高まるでしょう。

一方で、拒否権を発動して署名を拒むのであれば、トランプ大統領は本気でディールを成立させようとしているということで好感されるかもしれません。

いずれにせよ、この法案に関しては賛成している議員の方が多く、米議会はトランプよりもはるかに中国に対して厳しい姿勢、特に人権問題に強い懸念を表明していますから、今週来週は議会動向に注目しておきましょう。

法案が可決されれば、中国からの強い反発も予想され、一旦はネガティブな方向に進むでしょう。
その後はトランプ大統領の判断(署名もしくは拒否)次第となります。

11月18日〜22日の重要経済指標&イベント

今週はFOMC議事録公表がもっとも注目されるでしょう。
利下げの打ち止め感が強まれば、ドル高になる可能性が十分です。

今週の気になる経済指標!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
(米)10月住宅着工件数(19日22:30)
(米)10月建設許可件数(19日22:30)
★★★(米)FOMC・議事要旨公表(20日28:00)
★★(欧)ECB理事会議事要旨(21日21:30)
(米)10月中古住宅販売件数(21日24:00)
(独)7-9月期GDP・改定値(22日16:00)
(仏)11月製造業&サービス業PMI・速報値(22日17:15)
(独)11月製造業&サービス業PMI・速報値(22日17:30)
(欧)11月製造業&サービス業PMI・速報値(22日18:00)
(英)11月製造業&サービス業PMI・速報値(22日18:30)
(米)11月製造業&サービス業PMI(22日23:45)

ECB(欧州中央銀行)理事会の議事録も公表されますから、そちらにも目を向けておきましょう。
どちらも一旦は緩和策打ち止めが濃厚ですが、単純にFRB(連邦準備制度)の方が利下げ余地は残しているため、限界が意識されればユーロが買い戻されることも考えられます。

米議会の情勢に注意!短期の追いかけか、押し目を待つか

引き続きヘッドライン相場が継続しており、報道でどうにでもなりそうですからね。
関係筋の米中協議難航ネタは、これまでも繰り返されてきましたが、後に否定されて全戻しという流れになっているので、その場合は押し目買いのチャンスでしょうか。

スキャルピングもしくはデイトレードのような短期レベルなら追いかけるしかありませんが、米議会の動向とりわけ香港人権法案の審議・採決の行方には注意を払っておきたいところです。

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券より)

109円台での重さは相変わらずでしょうか。
今は200日移動平均線のある109.00円ラインで伸び悩んでいる状況です。
ここを抜けても109円台半ばのレジスタンスが立ちはだかることになります。

109.50円ラインをしっかり抜けていけば、いよいよ年末ラリーも重なって110.00円の大台節目を試すことになるでしょう。
しかし、香港といった懸念材料があるだけに、強気でついていくのはやや躊躇われるところです。

したがってトレードとしては、軽めに買い続けて短期でコツコツ利食いしていくか、ネガティブな報道による押し目を待つことになるでしょう。

押し目待ちの場合、米中当局発のネガティブな情報でなければ下値も限定的に。
108.00円手前、108.00〜108.30円レベルは押し目買いのポイントになりそうです。

ゆきママ(主婦トレーダー)のプロフィール

ゆきママ
10万円の資金を元に、FX口座のキャッシュバックキャンペーンを利用しながらコツコツとトレード&資金を増やし続け、なんと半年で300万円の利益に!
その後は利益のうち200万円を貯金して、残りの100万を取引資金としながらトレードをするカリスマ主婦トレーダー!
最近はシストレやくりっく株365も運用しているとか・・!
数多くの口座使ってきたゆきママがおすすめするFX業者も紹介。
LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


当サイトおすすめ

最もアクセスが多い人気ページ

今月オススメの記事

  1. いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決

    FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決
  2. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  3. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介
  5. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    損失500万円!FXで損切をしなかった失敗談とすぐ出来る対処策

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました