» » 今週、最も注目される材料は言うまでもなく…?!

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. だいまん
  5. YEN蔵
キャッシュバックを賢く利用してFXトレードを楽しむゆきママさん。 FXを始めて半年で、10万円だった資金はなんと300万円までに。
仙台在住で、まだ小さいお子さんがいるのにも関わらず主婦と投資 (FX・株・ビットコイン)を両立するスゴ腕主婦トレーダー!

2018.02.26

今週、最も注目される材料は言うまでもなく…?!

ドル円に関しては、今年はほぼ一貫して戻り売りを推奨してきましたが、やはり上値の思い状況が続いており、年明けからのトレンドが継続しています。
今週はパウエルFRB議長の議会証言も予定されていますが、果たしてトレンドに変化はあるかどうか、考えていきたいと思います。

今週の気になる経済指標!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★★(米)パウエルFRB議長、下院議会証言(28日00:00)
★★(米)1月新築住宅販売件数(27日00:00)
★★(欧)2月消費者物価指数・速報値(28日19:00)
★★(米)10-12月GDP・改定値(28日22:30)
★★(米)パウエルFRB議長、上院議会証言(3月1日00:00)
★★(米)1月PCEコア・デフレータ(3月1日22:30)
★★(米)2月ISM製造業景況指数(3月2日00:00)

今週、最も注目されるのは言うまでもなくパウエルFRB議長の議会証言でしょう。
FRB(連邦準備制度)の議長に就任してから、初めて公の場で金融政策について語ることになります。

焦点となるのは、市場が年3回としている利上げペースが加速するのかどうかで、それによって株式市場を中心に大荒れ材料となった米長期金利(10年債利回り)が動いてくることになるでしょう。

年明け前というか、月初に発表された米国の1月分雇用統計発表前までは、緩慢な利上げペースで低金利が続くというのが市場の見通しでしたが、賃金上昇率の急騰によって、そのシナリオに疑義が生じたことから、株価が急落する相場の巻き戻しが発生しています。

したがって、問題は金利が上昇するとすれば、このシナリオの変更に対して、株式市場を中心にどのように受け止め、どのような反応するかがポイントでしょう。

金利上昇をものともせず、株高になるのであれば、リスクオンからの円売りに加え、日米金利差拡大からのドル買いというパターンも十分考えられます。
実際、先週は米長期金利の動きに反応してドルが買われる場面は多かったように思います。

しかしながら、去年はともかくとして、今年に入って以降は日米金利差とドル円の動きは逆相関が強まっており、金利上昇&株高という動きになったとしても、安易にドル買いでついていくのは危険なのかなと。

繰り返しているように、トランプ政権が望んでいるのはドル安であり、今の現状は政治ファクターが強く影響していると考えられますので、トレードするのであれば引き続きショート・戻り売り戦略がベターでしょう。

ドル円の日足チャート

ドル円の日足チャート (チャート:GMOクリック証券より)

引き続き、1ドル=105〜107円台といったレンジが意識されています。
先週も反発したものの、108.00円ラインでピタリとストップ。

なので、目先は108.00円近辺にある21日移動平均線を明確にブレイクするまでは、戻り売りでしょう。
短期トレードであれば、損切りの目処となります。

下げればショートカバーも出そうなので、106円半ばから下、105円台は上で拾ったポジションの利食いの場と考えていますが、一段と下げれば105.00円といった節目が目標になるのは目に見えているので、資金に余裕がある方はホールドして、更なる利益を狙うのも良いでしょう。

ドル円に関しては、シナリオが通用せず悩ましい値動きが続いていますが、だからこそトレンドについていくというのを念頭においてトレードしていただければ。
エコノミストの突飛な新たなシナリオに従ってロングするよりは勝算が高いのかなと思います。



プロフィール

ゆきまま ゆきママさん (主婦)
10万円を資金とし、FX口座のキャッシュバックキャンペーンを利用しながらコツコツとトレード&資金を増やし続け、なんと半年で300万円の利益に!その後は200万円を貯金して残りの100万を取引資金としながらトレードをするカリスマ主婦トレーダー!

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ

普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ 👈ゆきママさん公式ブログもチェック!
ゆきママが、FXや株について日々役立つ情報を配信。
最近はシストレやくりっく株365も運用しているとか・・!
数多くの口座使ってきたゆきママがおすすめするFX業者も紹介。
※詳しくは←左の画像をクリックするとブログにリンクします!