• 投稿:2018.02.05 (最終更新:2018.06.25)

真っ赤に染まる東京市場の株価ボードからの…

先週末のNYダウの大幅下落から、今日の東京市場の株価ボードは見事に真っ赤に染まりました。
終わりの始まりとの声もありましたが・・・。
それでは、今週も気になる為替相場の展望について考えていきましょう。

今週の気になる経済指標!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★★(英)イングランド銀行・金融政策等発表(8日19:00)
★★(米)1月ISM非製造業景況指数(6日00:00)
(欧)12月小売売上高(5日19:00)

まず、先週末に発表された1月米雇用統計から振り返ると、平均時給が前年同月比で+2.9%となるなど非常に強い結果となったことで、米長期金利(10年債利回り)が2.85%と約4年ぶりの水準に突入する場面がありました。

この金利の急騰は、いよいよ賃金インフレからの利上げペースの加速を懸念させ、金融政策の引き締めも意識されたことで株式市場を中心にネガティブに受け止められ、NYダウは大きく下落することになりました。

為替相場への影響としては、ややドル買いに傾かせましたが、同時に株安を嫌気したリスクオフ(回避)の動きが出てドル円の伸びはイマイチでしたね。

そして、週明けも日経平均を中心にアジア株が軒並み値を下げ、世界同時株安的な様相もあってか、一段と円高に傾いています。

というわけで、株価の動向がドル円の方向性を決めそうですね。
とりあえず米長期金利の上昇がドル買いに傾かせる場面もありますが、ユーロドルを見ればわかるように引き続きユーロが強い状況が続いていますので、ドルの上値は抑えられますからね。
それよりかは、株価の上下による円の上下がドル円には強く影響するでしょう。

で、肝心の株価については、1月の急激な上昇もあって投資家のキャッシュ比率が低下しているとされていますから、一旦は大きい調整しないと上値が見込めなさそうで、株価の伸びにブレーキがかかるようであれば、自ずとドル円の上値も重いままなのかなと考えています。

ドル円の日足チャート

ドル円の日足チャート (チャート:GMOクリック証券より)

ドル円は方向感が見出しにくく、やや悩ましい展開となっています。
一旦は108円前半を底に110円台の大台に乗せてきたことから、年明け以降の下落トレンドに変化も・・・
といった印象は多くの方が持っていることでしょう。

ただし、やはりユーロ高が続いてドルの上値が抑えられている現状を踏まえると、トレード戦略としては引き続きショート・戻り売りがベターかと思います。

具体的には、現状の水準から軽くポジションを持ちつつ、上がれば少しずつナンピン気味にショートを入れていく感じですね。
損切り目処は、あくまで短期前提で110.40円近辺にある21日移動平均線でしょう。

ここをしっかり上回ってくると、トレンド転換との見方で上値を追う動きになりやすいと考えられますので要注意です。

それから、利益確定は30?40銭程度を目処にしたいですが、109円前半まで落ちてきた場合には、反発に乏しい見方で一段と下げそうですから、ホールドして値幅を稼ぐことも検討していただければと思います。


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました