ぶっちゃけ20ヶ国も集まると、玉虫色の内容にならざる得ない。。。

相変わらずの円高相場が続いていますね。
イレギュラーな材料の影響感も否めませんが、やはり本質的にドル安・円高という年初からのトレンドが続いているのだと思います。
今週はG20やFOMCといった材料がありますが、トレンド転換はあり得るのかを考えていきたいと思います。

今週の気になる経済指標!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★★(米)FOMC・政策&声明発表(22日03:00)
★★★(米)パウエルFRB議長・定例記者会見(22日03:30)
★★(英)英中銀・金融政策&議事要旨公表(22日21:00)
(米)2月新築住宅販売件数(23日23:00)

まず、本日から開催される20ヶ国・地域(G20)財務相・中銀総裁会議についてですが、注目されるのはアメリカ政府による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限、関税についてということになります。

既に草案では、アメリカの通商政策に対して批判的な文言が盛り込まれており、最終声明でも同じ内容、あるいは更に表現が強まるようであれば、相場全体がリスクオフ(回避)気味に傾き、円高・株安といった値動きになるでしょう。

とはいえ、アメリカ側も弁明して批判的な文言は削除するよう求めますし、関税についても適用除外国があるなど当初発表された内容よりもどんどんマイルドになっていますので、そこまで強い懸念が表明されるかといえば、その可能性は低いと考えられます。

ぶっちゃけた話、20ヶ国も集まってしまうと、声明というのは玉虫色の内容にならざるを得ないんですよね。
それぞれの国の思惑とポジションがありますからね。

というわけで、どちらかといえば、G20に関してはそれほど心配せずに見ておいても良いのかなと思います。

そして、FOMC(連邦公開市場委員会)についてですが、こちらは利上げが行われることが想定されており、注目されるのは今後の利上げペースということになります。

これまではペースが早まって年4回もあり得るとのことでしたが、2月雇用統計における緩慢な賃金インフレの示唆により、スタンスが変化しているかどうかを見ておきたいですね。

従来通り年4回もという見通しであれば、金利上昇からドルは買われやすくなるでしょう。
株式市場を中心に金利急騰を嫌気する向きもありましたが、年4回というペースは市場でもかなり織り込まれていますので、株価が極端に下がらない限りは、直後の反応としてはドル高に寄与しそうです。

仮に年3回以下、というスタンスに変化するなら、株式市場が好感してリスクオン(選好)気味の値動きで円安・株高になりそうですが、直後はともかくとして、株高への円売り反応は鈍いので、一次的な動きにとどまるでしょう。

したがって、いずれのイベントも、これまでのトレンドを変えるほどの材料が出てくる可能性は低いのかなと思います。
ただ、反発の機会にはなりそうなので、それを狙っていきたいところです。

ドル円の日足チャート

ドル円の日足チャート (チャート:GMOクリック証券より)

円高気味の推移とはなっていますが、かといって105円台を維持しているわけで、底堅さはかなりあります。
なので、1ドル=105~107円というレンジを意識しつつ、突っ込み売りを避けながら戻りをじっくり待ちたいですね。

とりあえず、G20、FOMCを通過することで手控えていた市場参加者も戻ってきて動いてくるパターンもあり得ますから、まずは結果待ちでしょう。

G20、FOMC通過で106円台程度なら、少しずつショートポジションを作っていくイメージです。
逆に105円台を割り込むなら、材料次第ではありますが、常に軽くショートポジションは持っていて良いでしょう。

また、損切りラインとしては、短期的には108円台達成と先週と変わらずです。


関連記事


おすすめ記事


PickUP記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  2. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  3. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編
  4. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FX初心者が月20万稼ぐには?1日のスケジュール&トレード手法
  5. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FXで毎月2万円稼ぐ子育て主婦の話!ローリスクなトレード手法を紹介

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました