FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

今週は重要指標が多すぎ問題!FOMCより米経済指標が最大の焦点

今週は重要指標多すぎ問題!FOMCより米経済指標が最大の焦点

今週は日米金融政策イベントを始め、米GDPに米雇用統計とイベント豊富な1週間です。
もちろん、ブレグジット(英国のEU離脱)問題も佳境を迎えています。

果たして今週はどうなるのか、いつものように展望とトレード戦略を考えていきましょう。

FOMCは織り込み済み!米経済、企業決算に注目したい

日米金融政策の発表と言っても、日銀は現状維持でしょうし、FOMC(米連邦公開市場委員会)での利下げは織り込み済みですからね。
サプライズがない限り、相場への影響は軽微でしょう。

FOMCでは今回も利下げが発表されるものの、一旦利下げの停止を示唆するとされています。
これがメインシナリオですね。

こうなると利下げしても今後の緩和にそこまで前向きではないということで、ドルは買われやすいかもしれません。

FOMCでドル売りになるシナリオとしては、利下げかつ緩和に前向きなスタンスが示されるか、あるいは利下げなしといったサプライズを株価が嫌気してリスクオフ、といった感じでしょうか。
可能性としては低そうです。

いずれにせよ、利下げなしというサプライズ以外はほぼほぼ織り込まれていますから、今週のドル円相場の鍵を握るのは米経済指標の数字のように思います。

注目すべきものは多く、米GDPや週末の米雇用統計を中心として、米ISM製造業指数や米PCEコア・デフレーターの発表が予定されています。

前回のISMは非常に弱い数字となって相場全体を大きく揺るがしましたが、直後に発表された雇用統計や米企業決算の好調さ、それに米中部分合意によって覆い隠されるという流れ。

したがって、今週の米国指標が下振れれば、やはり米経済への疑念・懸念は強まると考えられ、NYダウも高値圏を攻め切れていないことから、株価の大きな調整も伴ってドル安&円高の流れで急落の可能性は十分でしょう。

企業決算も予定されており、今週はいつも以上に株価に注視しながらのトレードが求められそうです。

また、ブレグジットに関しては、今日明日中にEUが離脱期限の延期を認めるかどうかが焦点となります。
十中八九延期を承認すると思われますが、万が一があるとリスクオフで円高に傾く可能性がありますから、念のため警戒しておきましょう。

10月28日〜11月1日の重要経済指標&イベント

今週は重要指標の発表、イベントが豊富ですから、指標スケジュールを毎日確認するようにしましょう。

今週の気になる経済指標!
(独)10月雇用統計(30日17:55)
(米)10月消費者信頼感(30日19:00)
(米)10月ADP雇用報告(30日21:15)
★★★(米)7-9月期GDP・速報値(30日21:30)
(独)10月消費者物価指数・速報値(30日22:00)
★★★(米)FOMC・政策&金利&声明発表(30日27:00)
★★★(米)パウエルFRB議長、定例記者会見(30日27:30)
(日)日銀金融政策決定会合・結果発表&展望レポート(31日??:??)
(中)10月製造業購買担当者景気指数(31日10:00)
(日)黒田日銀総裁、定例記者会見(31日15:30)
(独)9月小売売上高指数(31日16:00)
★★(欧)7-9月期GDP・速報値(31日19:00)
(欧)10月消費者物価指数・速報値(31日19:00)
★★(米)9月PCEコア・デフレーター(31日21:30)
(中)10月Caixin製造業購買担当者景気指数(11月1日10:45)
★★★(米)10月雇用統計(1日21:30)
★★(米)10月ISM製造業景況指(1日23:00)

米国を中心に欧州からも重要指標が発表されます。
欧州の指標が悪くてユーロが売られると、相対的にドルが買われやすくなりますが、欧州株が下げると円高になるので、ドル円の場合は各国の株価を見ながらトレードするのが基本になるでしょう。

基本はレンジ想定!指標の下振れによる下落には注意

相場全体は小じっかりでFOMCでもなんだかんだドルは買われそうなので、基本は買い・押し目狙いといった印象はあります。

もっとも、指標が下振れ、予想を下回った場合は安易に買いでついていくと痛い目を見る可能性がありますので、その場合は様子を見ながらですね。

特に今週の中盤からは立て続けに重要指標の発表がありますから、連鎖的な指標の悪化で大きな調整につながる可能性がありますから要注意です。

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券より)

現状は108.25〜108.75円の狭いレンジでのモミ合い継続ですね。
経済指標に問題がなければ、目先は200日移動平均線(109.063円)がターゲットとなりそうで、下がれば押し目買いで対応したいところ。

トレード戦略は先週とほぼ変わらずで、108.00〜108.20円で買い、早めなら108.00円割れの107.90円で損切りです。
遅くても日足ベース、89日移動平均線が
レジスタンスとなっている107.50円を割り込んだら撤退でしょう。

また、日足ベースで見てここ数ヶ月、109円台前半からの上値の重さはかなりあるので、追っかけ買いは避けたほうが良さそうです。

ゆきママ(主婦トレーダー)のプロフィール

ゆきママ
10万円の資金を元に、FX口座のキャッシュバックキャンペーンを利用しながらコツコツとトレード&資金を増やし続け、なんと半年で300万円の利益に!
その後は利益のうち200万円を貯金して、残りの100万を取引資金としながらトレードをするカリスマ主婦トレーダー!
最近はシストレやくりっく株365も運用しているとか・・!
数多くの口座使ってきたゆきママがおすすめするFX業者も紹介。
LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


当サイトおすすめ

最もアクセスが多い人気ページ

今月オススメの記事

  1. いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決

    FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決
  2. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  3. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介
  5. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    損失500万円!FXで損切をしなかった失敗談とすぐ出来る対処策

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました