• 投稿:2018.08.20 (最終更新:2018.08.20)

政治イベント豊富な1週間!トランプ米大統領はドル高を許容するか?

凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 取引単位 通貨数 ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適!(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得に!(YEN蔵)
凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 ポイント
GMOクリック証券 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得(YEN蔵)

トランプ米大統領はドル高を許容するか?

今月はリスクオフ(回避)による円高&ドル高の流れでしたが、一旦は材料出尽くし気味となったことで反発しています。
特にトルコリラの不安定さから欧州の金融危機懸念でのユーロ売りは過剰といえば過剰反応でしたからね。
それでは、いつものように今週の展望について解説していきますので、よろしくお願いします。

今週は米中貿易摩擦がテーマ?公聴会、米中次官級会談に注目!

今週は2,000億ドル規模の対中追加関税(中国からの2,000億ドル分の輸入品に対して25%の関税を課す)に関する公聴会が行われることになってます。
当初は3日間の日程でしたが、20~24日、それに27日も加わり計6日間の日程で行われます。

企業関係者から意見を述べたいという要望が殺到したためとされており、関税に対する批判的な意見が続くことになりそうです。

トランプ米大統領にとっては逆風となりそうですが、実は22~23日の日程で中国商務省の王次官らとマルパス米財務次官の次官級会談が予定されていることから、何らかの進展期待も高まりそうです。

米中貿易摩擦の緩和と受け取られれば、市場もそれに合わせて動いていくことになるでしょう。
既に、円高&ドル高はやや巻き戻される格好となっていますから、逆に全く進展がないという話になれば、巻き戻しの巻き戻しでリスクオフの円高&ドル高となりそうな点には警戒しておきたいところでしょう。

今週の気になる経済指標!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★(欧)4-6月期GDP・改定値(21日18:00)
★★(米)FOMC議事要旨公表(23日03:00)
★★(欧)ECB理事会議事要旨公表(23日20:30)
★★(米)7月新築住宅販売件数(23日23:00)
★★(独)4-6月期GDP・改定値(24日15:00)
(仏)8月製造業&サービス業PMI・速報値(23日16:00)
(独)8月製造業&サービス業PMI・速報値(23日16:30)
(欧)8月製造業&サービス業PMI・速報値(23日17:00)
(米)7月耐久財受注(24日21:30)

経済指標に関しては、各国GDPPMIなどに注目しておきましょう。
また、FOMC(連邦準備制度理事会)ECB理事会の議事要旨が発表されるため、そこでの議論内容もポイントとなりそうです。

ただ週末にジャクソンホール・経済シンポジウムが予定されており、各国中銀総裁が一堂に会すことになりますから、そちらの方が注目度としては高そうなので、よほどの新規材料がない限りは値動き材料にはならないように思います。

ドル円相場は材料次第で押し目買いか戻り売りか悩ましい判断が続きそう

結局はレンジ相場といったところですが、チャート的には上値を切り下げる格好となっており、なかなか上昇は難しそうです。
そういう意味では、第一感では先週と同じく戻り売り継続ということになるでしょう。

一方で米中貿易戦争回避といった流れになるのであれば、円売りもそれなりに出そうで、底堅い相場から上昇トレンドへ再始動といった見方もできるでしょう。
ドル高は一旦巻き戻されるかもしれませんが、現状でドル優位は変わらないので、円売りが支える格好でドル円上昇というシナリオは見えやすいですからね。

というわけで今週は材料次第で決めていきたいところではありますが、基本的に下落が続くのであれば多少拾ってみても良いかもしれません。
貿易戦争回避という流れで、安易に戻り売りは避けたいところです。

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券より)

チャート的には110.30円付近にある89日移動平均線や110.45円にある一目均衡表の雲・下限が支える格好となっています。
これを割り込んでも、110.00円の大台ラインや109.90円には200日移動平均線がありますし、日足ベースで109円台後半はかなり硬いですから、下値不安は高まりにくい状況にあります。

したがって、米中の交渉に進展というシナリオで考えるのであれば、現状の水準から軽く拾いつつ、下がってくるなら110.00円前後でも追加しておきたいですね。
109円台前半まで差し込んでくる場合は一旦損切りして様子見でしょう。

一方で上値は重いので反発すればショート(売り)から入りたくなりますが、それは米中次官級会談の結果を見てからで遅くはないでしょう。

今週は大きなターニングポイントになる可能性を重くみて、ドル円はトレード戦略を変えてみました。
どちらにせよドル高という流れは続きやすいので、リスクは小さいように思います。


新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました