• 投稿:2018.12.04 (最終更新:2018.12.04)
FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

パウエルFRB議長の議会証言がまさかの中止!ドル相場への影響とは?

パウエルFRB議長の議会証言がまさかの中止!ドル相場への影響とは?

今週末は雇用統計!今週見どころをピックアップしてお届け!

相変わらずドル円は狭いレンジでの上下が続いており、どちらかに抜ければ強めの動きが出ることが想定されます。
そんな中、今週末は雇用統計が予定されていますが、それ以上に注目したいのがパウエルFRB議長(ジェローム・パウエル)の議会証言でしょう!
って、そんな前提で記事を書いていたら、まさかの中止に。。。

新たな日程は未定とのことですが、近いうちに行われることになるでしょう。
見どころなどを含めて解説していきますので、よろしくお願いします。

今週はパウエルの議会証言に注目!のはずが5日は中止に

パウエル議長の議会証言は今週5日に予定されていましたが、週末中(2018年11月30日)に死去したブッシュ元大統領(ジョージ・H・W・ブッシュ)を追悼するため、5日は国民追悼の日となりNY市場は休場を発表。
当然、議員たちも追悼モードで中止になってしまいました。

今週中に行われるのであれば、またそれへ向けての値動きが出てくると思いますが、ドル安への警戒感は少し和らいだ印象です。

背景には先週、パウエル議長が
「現在の金利は中立水準を僅かに下回る」
と発言したことで来年の金融政策見通し、利上げペースの減速が意識されてドルが売られました。

ほんの2ヶ月前の10月の段階では中立金利には遠いとしていただけに、この急な発言の変遷については懐疑的というか…
パウエル議長の真意を計りかねるという面もあって、それほどドル安は加速しませんでした。

ですが、今回の議会証言で発言の真意が明らかになることが、ある意味で期待されていました。

マーケット市場では、少し前のめり過ぎではないか、と利上げを嫌がるトランプ米大統領(ドナルド・ジョン・トランプ)に忖度しているのではという声もありました。
本当にパウエル議長が中立金利は近いと考えていることが明らかになるなら、市場は一気に来年のドル安を見込むことになるでしょう。

また、そもそもとして週明けは米中首脳会談で来年1月1日から90日間です。
対中追加関税が猶予されることになり、リスクオンの株高から円安&ドル安の値動きでした。

ここ最近はリスクオフになるとドルに逃避する動きが見られましたから、それを巻き戻す値動きが出ていますので、念頭に置いておきましょう。

というわけで5日のパウエル議長の議会証言は延期となってしまいましたが、今後日程が明らかになれば、それへ向けてドル安への警戒感が出てくる可能性がありますから要注意ということで。

今週の気になる経済指標!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★★(米)11月雇用統計(7日22:30)
★★(米)11月ADP雇用報告(6日22:15)
★★(米)11月ISM非製造業景況指数(6日24:00)
★★(欧)7-9月期GDP・確定値(7日19:00)

今週末の雇用統計が最大イベント!ドルは底堅い動きになりそう?

パウエル議長の議会証言が延期されましたので、まずは週末の雇用統計が大きなイベントとなります。
やはり平均時給、賃金インフレが発生していれば、利上げペースの維持・加速見通しとなって、年末需要あってドルは買われやすくなりそうです。

あとはブレグジットでポンドが底値となっており、ドルを押し上げている面があります。
基本的に11日の採決で否決されることが織り込まれていますので、ドルは底堅い動きをすることになるでしょう。

もし急に可決見通しとなってポンドが買い戻される流れとなれば、リスクオンの動きも合わさってドルは売られやすくなる可能性があり、こちらの動向もしっかり見ておきましょう。

三角保ち合い?上抜ければ面白そうですが下抜けてしまうと…?

ドル円は三角保ち合い気味の値動きが続いています。
114.00円ラインをしっかり上抜ければ115.00円の大台の節目試しという値動きもありそうで、多少期待したいところではあります。

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円の日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券より)

上値は114.00円台にしっかり乗せられるか、下値は日足ベースで113.30円前後、113.00円ラインを割り込んで三角保ち合いが崩れると112.30円近辺にある89日移動平均線に迫る動きがあるかもしれません。

もっとも一目均衡表の雲もあり、かなり強いサポート帯となりそうですから、112円台を割り込んでいくにはパウエル議長の議会証言など、材料が必要でしょう。

それを踏まえると、まずは113.30~114.00円をコアレンジ帯と意識して、下限に近ければロング。
上限に近ければショートで細かいトレードをしていくしかないのかなと思います。

今のところ方向感は全く見出せませんので、レンジ想定でトレードしていきましょう。

LINEはじめました。
FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    失敗続きのFX初心者におすすめ!ライントレード手法でプラス5万円稼ぐ
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  3. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  5. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました