業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

2種類の水を取り扱っているウォーターサーバーをチェック!

 >  2種類の水を取り扱っているウォーターサーバーをチェック!

RO水と天然水の使い分けをしよう

ウォーターサーバーを選ぶ基準として水の種類を元にウォーターサーバーを選んでいる方も多いと思われます。
初めはRO水が飲みたくて申し込んでいたけど、天然水も試してみたくなったり、その逆で天然水を申し込んでいたけどRO水を利用したくなる方もいます。

そういった時にわざわざウォーターサーバーの会社を変えるのは非常にめんどくさい上に、契約の内容によっては解約の費用を支払わなければならないとこもしばしばあります。
そういった金銭面や労働面での「手間」を省くためにこれからウォーターサーバーを利用する方はひとつの会社で天然水とRO水が利用できる会社を選んでみてはいかがでしょうか。

天然水とRO水の違い

天然水

RO水は人工的に作られた水です。一度水から様々な不純物をろ過してその後なミネラル分などの成分を取り入れるものとなっています。
基本的には不純物をろ過した状態で販売されているので硬度は0の純水のものが多いですが、栄養価を高めた水を販売しているところもあるので注意が必要です。

天然水はRO水とは異なり、特定の水源から採取した水を利用しています。
不純物を取り除く際にも沈殿、ろ過、加熱殺菌と言った手法のみで作られています。

天然水の特徴としては豊富なミネラルが含まれている点です。、RO水ではもともと水に含まれていたミネラル分が取り除かれています。天然のミネラル分を摂取するために天然水を利用する方も多いです

天然水とRO水の使い分け方

赤ちゃんに安心

ではそのような成分の違いによって天然水とRO水をどのように使い分けたらいいのでしょうか。

RO水のメリットは安全性です。
ROフィルターを通して天然水よりも不純物が少なく、赤ちゃんや年配の方まで安心して利用することが出来ます。
赤ちゃんのミルクを作る際にもRO水は大変便利です。
赤ちゃんの体は繊細で、不純物が少しでも入っていると体を壊してしまう恐れがありますので、安全性のより高いRO水がオススメです。

天然水のメリットはお水そのものの味です
RO水だと、水を一度純粋の状態にまで戻してから、栄養分を添加するのでどうしても同じような味になってしまいます。
自然の作り出す水そのものの味を楽しみたい方が天然水を利用されることが多いです。
また、天然水のウォーターサーバーは採水地が異なることで味が微妙に変わりますので同一のウォーターサーバーの会社でも複数の天然水から選べる会社もあるので、そういった点に注視して選んでもいいかもしれませんね。

RO水、天然水の取り扱いがあるウォーターサーバー

うるのん

うるのん
サーバーレンタル料
0円
お水の価格
1,800円

うるのんの水は富士の天然水さらり(天然水)柔らか水(RO水)の2種類の販売を行っています。
ドラえもんのCMでお馴染みのうるのんは小さいお子様が成長する過程を1つのウォーターサーバーで柔軟に対応できる素晴らしいウォーターサーバーです!

»詳しくはこちら

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター
サーバーレンタル料
0円
お水の価格
1,900円

ワンウェイウォーターの水は4種類の天然水プラスプレミアというRO水の5種類の販売を行っています。
天然水とRO水の両方を取り扱いがありながら4種類もの天然水を利用できるのはワンウェイウォーターならでは!

»詳しくはこちら

ページの先頭へ