業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

赤ちゃんに優しい!純水(ピュアウォーター)がオススメの理由!

 >  赤ちゃんに優しい!純水(ピュアウォーター)がオススメの理由!

赤ちゃんに優しい!純水(ピュアウォーター)がオススメの理由!

赤ちゃんや子供のために、身体の中に入れるものには気を使いたい。それがきっかけでウォーターサーバーを用意しようと調べてみたものの、種類がたくさんあって選ぶのに一苦労ですよね。

赤ちゃんは身体の70~80%が水分(大人は45~60%程度)です。内臓機能も未熟なので、下痢や発熱など体調を崩しやすいですし、皮膚が薄いので水分も蒸発しやすくなっています。
そのため、大人よりこまめに水分を摂取することが必要となってきています。

赤ちゃん

ですが、「水分」とひとくくりにまとめても、何でも構わないというわけではありません。
赤ちゃんの身体はとても繊細ですし、最近では放射能のこともあり水道水を飲ませるのはちょっと…という方も多いのではないでしょうか。

ミネラルウォーターでミルクを作るようにしているという話もよく聞きます。水道水を使ってないんだから安全だろうと思っても、選び方を間違えればかえって赤ちゃんの体調を崩すことに繋がってしまいます。

ここでは、赤ちゃんの視点からお勧めの、赤ちゃんに優しいウォーターサーバーをまとめてみました。

▼赤ちゃん向きの水は「軟水・純水・ミネラル成分を含まない」が重要ポイント

☆軟水とは?

ミネラルウォーターには、「硬度の低い軟水」と「硬度の高い硬水」が存在します。
水の硬度とは、ミネラルウォーターに含まれているカルシウムマグネシウムを数値化したものの事で、「軟水」=カルシウム・マグネシウムの含有量が少ない、「硬水」=カルシウム・マグネシウムの含有量が多い、というように区分します。
正確な基準は発表されていませんが、一般的に下記のような数値を表します。

・硬度~100:「軟水
・硬度100~300:「中硬水
・硬度300~硬水

ミネラルの含有量→phと呼ばれる値で示します。

ミルク

現在日本で販売されている粉ミルクとの調合に適しているのは軟水です。
一部の硬水では粉ミルクが十分に溶けないことがあり、また、硬水には多くのミネラル分が多いので、赤ちゃんの内臓には負担となってしまいます。
日本のウォーターサーバは、ほぼ「軟水」と言われていますが、中にはミネラルが入っているものも多いので、ウォーターサーバーを選ぶ際は成分を注意して見るようにしましょう。

軟水のおすすめウォーターサーバー

アルピナ

アルピナ
サーバーレンタル料
572円
お水の価格
948円

アルピナの水の質は抜群です!赤ちゃんのミルク作りにも最適な軟水を利用していて価格も2L換算で200円以下!
財布にも体にも優しいウォーターサーバーです。

»詳しくはこちら

☆純水(ピュアウォーター)とは?
ミネラルその他不純物がほとんど含まれていない水のことを指します。ろ過装置などで不純物を取り除く加工をしているので、天然水ではありません
また、RO水とも呼ばれています。

不純物どころかミネラルといった成分も取り除いてしまうため、味はほとんど感じないのが特徴です。しかし、それが赤ちゃんには良いとされているのです。

デリケートな赤ちゃんにとって、ミネラルという成分でさえも体調不良の原因になってしまいます。よって、免疫力の弱い赤ちゃんには不純物が含まれていない純水(ピュアウォーター)であることが最も望ましいと言われています。

純水のおすすめウォーターサーバー

アクアクララ

アクアクララ
サーバーレンタル料
1,080円
お水の価格
1,296円

アクアクララの水は赤ちゃんのミルクを作るのに最適なピュアウォーターを使用!ROろ過によって99.9%の不純物を除去したお水です。デリケートな赤ちゃんにも安心して飲んでもらえるお水作りをしています。
硬度1mg/L以下の軟水ですので料理に使うのにもピッタリです!

»詳しくはこちら

▼ミネラル成分を含まない水が良い理由

赤ちゃんは内臓の発達が未熟なので、とても下痢を起こしやすいです。
大人にとっては美容や健康に良いといわれていますが、内臓機能がまだ完全でない赤ちゃんには、逆に負担になってしまうのです。

…ミネラル→水に含まれるナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム等の成分。

毎日の家事に子育て、さらに仕事をしていれば主婦の方はもっと大変です。
少しでもママ業や主婦業の負担を減らすことができるお気に入りのウォーターサーバーを利用して、安心・安全な生活を送ってくださいね。

ページの先頭へ