業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

RO水と天然水の違いは?

 >  RO水と天然水の違いは?

RO水と天然水の違いは?

ウォーターサーバーの導入を考えたとき「どんな用途で使おう」、「どんな機械にしよう」等、色々検討するかと思いますが、中でも重要な「水の種類」についてご紹介します。
使用されている水には、「天然水」と「RO水」の2種類が存在しています。

天然水

▼天然水とは、特定の水源の地で湧き出した水の事になります。
その名の通り、天然な水という事です。ウォーターサーバーの天然水は、塩素による処理などをせずに加熱殺菌ろ過を行い、ボトリングされています。

よくミネラルウォーターと比べられますが、ミネラルウォーターは人の手によって加工されているので、そういった点が天然水とは違います。
とはいっても、最近はミネラルウォーターも天然水から作られていたりするので、はっきりとした区別は難しいです。

天然水には豊富なミネラルが含まれており、体の中で生成することはできません。ミネラルの不足は、生活に様々な支障をきたすこともあるので、水を飲むだけでミネラルを取り入れる事が出来るのは天然水の大きなメリットになります。
よって、多くの方が天然水に含まれる豊富なミネラルの成分で水を選んでいる、という事につながっています。

天然水を利用したオススメのウォーターサーバー

フレシャス

フレシャス
サーバーレンタル料
0円
お水の価格
1,134円

フレシャスの水は山梨県富士吉田市の標高1,000mの場所にあるところで採取されています。
もちろん周りに工場などの人工物の一切ない場所で生きた水をお届けしています!
発がん性物質も市販のミネラルウォーターと比べて圧倒的少なさを誇っています。

»詳しくはこちら

RO水とは、逆浸透膜(RO膜)という分子レベルの有害物質も除去できる目の細かい膜でろ過された水の事で、放射性物質も完全に除去される安心な水です。
RO水はピュアウォーター(純水)とも呼ばれるように、RO膜のろ過性能があまりにも高性能でミネラル成分などもすべて除去されてしまうため、後から人工的にミネラル成分をバランス良く添加してあるものがほとんどです。
水道水などのカルキ臭さなどはないので、クセがなく飲みやすい味が特徴です。

ボトル

きわめて純水に近く不純物が除去されているという点で、赤ちゃんなどが飲んでも安心な水という事になります。
しかし、純水という事は逆に雑菌が繁殖しやすいという事にも繋がっています。そのため、使う環境や保存状況にもよりますが、開封した後はなるべく早く消費するのが望ましいです。

また、水分子以外が含まれていないため、栄養素などはありません。
ミネラル豊富の天然水には、バナジウムや亜鉛といったミネラル成分を豊富に含んでいることが多いので、この点においてもチェックしておく必要があるポイントになります。

RO水を利用したオススメのウォーターサーバー

アクアクララ

アクアクララ
サーバーレンタル料
1,080円
お水の価格
1,296円

アクアクララの水は最新技術のRO膜を使ったろ過システムで、不純物や雑味をすべて取り除いています。
そこに、K、Na、Mg、Caの4種類のミネラルを配合して水の味を整えていますので安心したおいしい水を飲むことが出来ます。

»詳しくはこちら

▼どちらが安全な水なのか

天然水は、加熱殺菌・ろ過しかしておらず、またRO水は水道水などからも作られる為、どちらにも不安を覚えてしまうかもしれません。実際の所、一般的にはどちらも安全だと言われています。
天然水に関しては、富士山の地下水から採水しているものであったり、厳選した水源の地で取られている上、厳しい管理体制の元で製造を行っているので、安全で安心です。

RO水 天然水
味わい 人工的 自然の味
不純物の有無 無し 無し
硬度 軟水 採水地による
ミネラル 適量 多い
価格 少し安い 少し高い

またRO水に関しても、限りなく純水に近くなるまでRO膜処理を行うので、基本的に不純物が含まれる事はありません。そういった事を考えると、どちらの水も安全だと言えますね。
価格は、天然水が特定水源からのみ採水されるのに対し、水道水を水源とすることも多いRO水の方が、比較的リーズナブルな価格で提供されています。

▼結局のところ、どっちがいいの?

安全性でいえばどちらも同じで、私たちが安全に飲めるよう製造されています。
味にこだわりは無い・徹底的に不純物を取り除いた水がいいという方はRO水を。
添加物に頼らず、天然のミネラルを豊富に含んだ「おいしい水」が飲みたいという方は天然水をおススメします。

ページの先頭へ