業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

ウォーターサーバーの電気代

 >  ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーの電気代

手軽に美味しい水をのむことの出来るウォーターサーバーですが、利用するためには当然電気を使っているので、電気代がかかってしまいます。
電気はどれだけ使ったかが可視化されにくいので、請求の時に思っていたより高額な請求が来てしまった!なんてことが起こりえてしまうものです。
ここではウォーターサーバーや、用途が似ている電気ポット電気ケトルにかかる電気代を比較してみましょう。

電気代

ウォーターサーバーの電気代

一般的なウォーターサーバーは1ヶ月に約1,000円ほどの電気代がかかります。
これは省エネモードが搭載されていないウォーターサーバーかつ、24時間コンセントを挿しっぱなしにしていて常時お湯と水が供給される状態での金額です。
省エネモードが入っているウォーターサーバーであれば300円~500円と大幅にコストダウンすることが出来ます。

ウォーターサーバーってお得なの?

ウォーターサーバーの電気代が安いのかどうか。
同様にお湯をわかすことができる電気ポットと比較してみると電気ポットの電気代も実は月々1,000円ほどかかってしまいます。
しかしウォーターサーバーでお湯を利用することと比べると電気ポット水の補充の回数が多くなる点、一度補充してから再度お湯をわかすまでに時間がかかってしまう点などのデメリットが有ります。

電子ケトル

また、最近各家庭に普及してきた電気ケトルは電気代が月々約300円ほどと大変お手頃ですがこちらはお湯が必要なタイミングで毎回水を沸騰させるところから作らないといけないために即効性に欠けます
また、一度に大量の電力を使いますので他の家電と同時に利用する際はウォーターサーバー、電気ポットと比べてブレーカーが落ちてしまう可能性が高いでしょう。
沸騰した後に直ぐに電源を落としてしまいますので十分なカルキ抜きがされていないといデメリットが有ります。

ウォーターサーバー 電気ポット 電気ケトル
電気代 約500円
~約1,000円
約1,000円 約300円
カルキ抜き されている されている 不十分
保温性 あり あり なし
容量 約12L 約3L 約1L
用途 おいしい水とお湯 お湯のみ お湯のみ

表にまとめるとこういった感じになります。
それぞれ良い所があるので一概に同列に比較して考えることは難しいですが、やはりウォーターサーバーの良さは目立つのではないでしょうか。

省エネモード搭載のウォーターサーバーであれば電気ポット以下の電気代電子ケトル以上のスピードでお湯を利用することが出来ます。
水以外にもお湯を頻繁に使う方にこそウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?
日々の生活に余裕ができると思います。

省エネモード搭載のウォーターサーバー

アクアクララ

アクアクララ
サーバーレンタル料
1,080円
お水の価格
1,296円

アクアクララのウォーターサーバーはダブル省エネモードが搭載されているものがあります。
異なる2つの時間で省エネモードに自動で入ってくれるので寝ている間や仕事中などの電気代をお得に済ませましょう!

»詳しくはこちら

フレシャス

フレシャス
サーバーレンタル料
0円
お水の価格
1,134円

フレシャスのウォーターサーバーは省エネモードを利用することで月々の電気代を最大約70%カットすることに成功しています!
利用頻度によっても多少のブレがありますが、フレシャスでお得にウォーターサーバーを使おう!

»詳しくはこちら

ページの先頭へ