業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

万が一の時に備えたウォーターサーバーの選び方

 >  万が一の時に備えたウォーターサーバーの選び方

もしもの時の為にウォーターサーバーを利用しよう

停電や災害などの時に水やお湯が使えない事態というのは多くはありませんが無いとは言い切れません。

地震

先日起きた東海大地震阪神淡路大震災など、大きな災害ではもちろんのことですが大規模な停電が起きた時や水道が利用できなくなることもありえます。
そういった時に役に立つのがウォーターサーバーです。

何に役に立つのか

ウォーターサーバーを利用するときは基本的にお水のストックを持ちます。
無くなりそうになったら新しいボトルを購入して、手元に幾つか水を残すようにしていますよね。
その時に、もしもに備えて多めに水を購入しておくと、断水などで水が止まった時にも慌てずに利用することが出来ます。

ただし、水にも賞味期限はあります。備蓄用にボトルを備えておくのは大切ですが、長期間置き過ぎるのではなく、新しく届いた水と1ヶ月に1度は交換しておき、常に新しい水を用意しておくのがベストでしょう。

準備するために知っておいたほうが良い知識

どれぐらいの量が必要なのか

一般的に人が生きていくために必要な飲料水は1日辺り一人約2~3リットルとされています。
また、大規模災害が起こった時に緊急の給水が行われるまでのの目安日数がだいたい3日前後と言われています。
つまりもしものときに必要な水の量は家族の人数×3×3で一人あたり9リットルの水があれば大丈夫ではないかとされています。
多くのウォーターサーバーのお水は12L前後の量ですので4人家族ですと約3本(36L)の水のストックがあれば大丈夫ではないでしょうか。

12Lのおすすめウォーターサーバー

アルピナ

アルピナ
サーバーレンタル料
572円
2L当たりの金額
158円

アルピナウォーターは業界最安値!12リットルボトルがなんと948円で飲むことが出来ます!
12リットルのボトルで4人家族の備蓄には利用しやすい形になっているので数を保存しないで備蓄することが出来ます。

»詳しくはこちら

水の種類は

備蓄水に利用する水の種類は天然水でもRO水でもどちらでも問題ありません
ただ、どちらかと言えばRO水のほうが不純物が含まれていないために賞味期限が長いです。
備蓄水として万全を考えるのであれば、もしくはウォーターサーバーの水の購入ペースが遅いと思われる方はRO水を備蓄水においておくのがいいのではないでしょうか。

RO水でオススメのウォーターサーバー

ウォーターポイント

ウォーターポイント
サーバーレンタル料
0円
2L当たりの金額
180円

ウォーターポインはRO水を専門に取扱ているウォーターサーバー会社です。
ダブル逆浸透膜で作られた安心安全な超純水で賞味期限も他より少し長い!
老舗メーカーによるこだわりを持った高品質のお水です。

»詳しくはこちら

逆もまた然りで・・・

災害にあうのは自分自身だけとは限りません。

例えばあなたがA県にいて、B社のウォーターサーバーを利用しているとしましょう。
その時にC県で大規模な災害がありました(あってほしくないですが。。。)
しかもB社はウォーターサーバーをC県でしか作っていませんでした。
となるともちろん工場は災害の被害にあってしま、A県にいるあなたの元へお水が届けられるのはしばらく後になるでしょう・・・

工場

というように工場の拠点が1箇所しか無い会社だともしもの時に利用できなくなる恐れがあります。
地域密着でその地域のおいしい水を届けてくれるというメリットは有りますが、もしもの時にを優先して考えるのであれば複数の工場で水を作っている会社にするのがいいかもしれませんね。

全国に工場のあるウォーターサーバー

アクアクララ

アクアクララ
サーバーレンタル料
1,080円
2L当たりの金額
216円

アクアクララのは全国に工場があるため、多少のことでは配送が止まりません。
東海大地震の時にもアクアクララの配送は止まらずに、被災地にもよりあやくお届けできたと聞きます。

»詳しくはこちら

ページの先頭へ