業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

ウォーターサーバーの安全の仕組み

 >   >  ウォーターサーバーの安全の仕組み

ウォーターサーバーの安全の仕組み

ボトル

ウォーターサーバーには衛生面でどんな工夫がなされているのかは、知識として知っておきたいものです。
ウォーターサーバーの水は、水道水のように殺菌消毒を行う必要が無い為、塩素を含んでいないので、水本来の美味しさを味わうことが出来ますが、それだけに、雑菌の繁殖が抑えられるのかどうかは気になるところですね。

ボトルドウォーター

これについては、各社とも、雑菌が繁殖しないように様々な工夫を凝らしています。
ガロンタイプのボトルの場合、水を使う時にコックを捻るたびに、コックからボトル内に空気が逆流する仕組みになっています。

外の空気がボトルの中に入ってしまうことにより、塩素が入っていないウォーターサーバーの水は雑菌が繁殖してしまう可能性があります。
その為、空気が入ってもボトル内に雑菌が繁殖しないように、空気を無菌にするフィルターを取り付けたウォーターサーバーが普及しています。

また、空気が入り込まないように工夫をされたボトルもあります。
使い捨てタイプのボトルの場合は、水を使う毎にボトルが圧縮されて小さくなる仕組み、すなわち真空になる仕組みになっています。
使い終わると小さくなり、捨てるのも簡単であり、使い捨ての為、いつでも新品のボトルを使うことが出来ます。

また、業者によっては2年に1度や1年に1~2度の定期メンテナンスをしてくれるところもあります。
その折りに、本体を分解、点検の上、掃除をしてくれますし、業者によっては、新品のサーバーに交換してくれるところもあります。

この記事にコメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページの先頭へ