業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

震災から学ぶ水事情

 >   >  震災から学ぶ水事情

震災から学ぶ水事情

震災

東日本大震災では、断水した地域は今までにないほどの規模でした。
その際、ニュースでは断水した家庭では飲料水を求めスーパーや給水車に長蛇の列を作り、それでも量が制限されるなどと大変な思いをした人が多く映し出されました。
大規模な災害が起こると生きるために必要な水の大切さ・必要さが必ず浮き彫りになります。

震災

そこでウォーターサーバーを備蓄用の飲料水として活用することを考えてみてはいかがでしょうか。
災害時、飲料水だけでなく、食事も含め1人につき3リットルの水分を確保する必要があると言われています。

ウォーターサーバーの容器は、長期間衛生状態が保つことが出来、たいていの容器は12リットル前後の容量です。
これと同量をペットボトルで常に備蓄しておくとなると場所も取ります。
さらに言えば、ペットボトルで常備するならば使いながら補充する方が良いとされているため、買い物の度に2リットルのペットボトルを買うことは多くの労力を必要とします。

しかしウォーターサーバーは自宅まで定期的に送り届けてくれるため、労力や手間を省くことができ、ストックが常にある状態にすることもできます。
そのため、水の備蓄用として優れているものと言えるかもしれません。

この記事にコメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページの先頭へ