業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

ウォーターサーバーのスペックの最終チェックをしよう!

 >  ウォーターサーバーのスペックの最終チェックをしよう!

選んだウォーターサーバーの基本スペック最終チェック

ウォーターサーバーをどこのメーカーにするか悩みに悩んで決めたはいいものの、いろいろなウォーターサーバーを見て比較していたため、決定したウォーターサーバーとは別会社の性能や特徴とごっちゃになってしまっている・・・なんて事はありませんか?

申し込んで数日後、自宅にウォーターサーバーが到着して実際使ってみてびっくり!「あの機能が付いていない!」、「え?メンテナンスって有料なの?」などなど、思っていたウォーターサーバーのスペックとは違っていたとしても、レンタルしたばかりだし解約料金もかかるし・・・今さらキャンセルなんてできない。そんな風に考える人もいます。

そもそも解約のことを考えるよりも、契約する前にしっかり内容の確認をしておけば失敗することなく自分好みのウォーターサーバーがレンタルできるのですから、最終確認をしっかりしておけば問題ないのです。

色々なウォーターサーバーの情報が入りすぎて頭の中がごちゃごちゃ!と、そういった人は自分が重視しておきたい項目を明確にしておくことが重要なのです。
以下は、契約する前に確認しておきたいチェックリストになりますので、こちらを参考にしてお好みのウォーターサーバーを決めてください。

手入れ

▽水の種類

…天然水は健康や美容にも効果的とされており、料理に使っても美味しい。RO水は赤ちゃんのミルク作りにも適しているので安全な水だが、風味はあまり無い

▽ボトルの種類

…ワンウェイ式かリターナブル式かによって、空き容器の保管の必要があるかが決まります。
また、ワンウェイ式ボトルの素材がやわらかく真空パックのようなものだった場合は、細菌やカビなどの繁殖を防げます。

▽ボトルのサイズ

…業者によって水の量が違います。だいたい8~12Lが多いようですが、中には6L~7Lなどの小容量タイプもあります。
こういったタイプは、同居人数が少なくて消費が少ない場合、女性やお年寄りだけで生活していて水交換が楽になる、といった人に向いています。

▽水の値段

…サイズも違ければ値段ももちろん変わります。また、水の品質によっても各社さまざまです。

▽水の賞味期限

6ヶ月または1年といった賞味期限がほとんどです。
毎日飲んでいる方であれば、使用中に賞味期限が切れるといったことは無いと思いますが、災害用の備蓄水として多めに頼んでいる場合ですと、賞味期限に注意して見なければなりません。

▽水の購入方法

定期配送か随時注文か
定期配送の場合、前月の分がまだ余っていても今月分のお水は配送されるので、消費量が少ない方は要確認です。

▽最低注文本数

…ひと月に最低〇本以上~注文OKという業者があります。
もちろん1本~の業者もありますので、そういった面で融通を利かせたいのであれば確認が必要です。

▽ウォーターサーバーを置く場所

…これは部屋のインテリアにも関係しますが、なんといっても使い勝手の良い場所に置くのが一番です。
料理に頻繁に使うのであればキッチン周りに置くのがベストです。
また、サーバーが到着するまでに場所を確保しておくといった面でも、場所はある程度決めておきましょう。

▽サーバーの大きさと高さ

…サーバーを置く場所を決めたところで、そこに置けるサイズなのかどうかが重要です。サーバーのサイズをホームページなどで確認し、設置できるのかを測りましょう

▽レバーorボタン式

…よく見かけるのは冷水用温水用に分けられたレバー式のものです。
最近ではボタン式のウォーターサーバーも登場しています。これに関しては好みですね。

▽サーバーレンタル料

…レンタル料が有料or無料なところがあります。
有料とはいっても数百円程度で、その分メンテナンスが無料でついてきたりお水代が比較的安かったりします。
なので、レンタル料を重視せず、トータルの料金を考えたほうがよいでしょう。

▽サーバーメンテナンス費

…メンテナンス不要なウォーターサーバーもありますが、定期的に業者の方がメンテナンスを行ってくれる場合もあります。
この費用が有料なのか、無料もしくはレンタル料に組み込まれているのか、これも各社様々なので確認しておくとよいでしょう。

▽サーバーメンテナンスの方法

…メーカーメンテナンスなのか、セルフメンテンナンスなのか。
メーカーメンテナンスの場合、頻度はどのくらいなのか(2年に1回サーバー交換など)。
セルフメンテンナンスの場合、方法やお手入れセットの有無などを見ておきましょう。

▽水の取り替え方法

…ボトルを持ち上げて上部にセットする方法が多いですが、最近では下部に設置するタイプのウォーターサーバーも登場しています。
これだったら、女性やお年寄りでもラクに交換できます。

▽チャイルドロックの有無

…ウォーターサーバーが普及し始めた頃、子供が温水のレバーをあやまって引いてしまいヤケドをしてしまうといった事故があって以来、ほとんどのウォーターサーバーにはチャイルドロックが付いていますが、念のため確認しておきましょう。

▽ひと月のトータル費用

…ウォーターサーバーをレンタルする際のひと月のトータル金額というと、「サーバーレンタル料+水代+電気代」と考えられます。
また、メンテナンス料も毎月ではありませんが必要になる場合がありますので、継続して払える範囲のトータル費用を考えておきましょう。

▽解約手数料/最低契約年数

…ウォーターサーバーには、契約してからすぐに解約してしまうと、解約手数料を支払わなければならない場合があります。
これには最低契約年数も決まっているので、計画的な長期利用がオススメなのです。

▽配送地域 (配送料の有無)

…全国配送無料の業者が多いですが、なかには配送できない地域や、配送は出来てもその地域は配送料がかかってしまうといったケースもありますので、確認しておきましょう。


▽キャンペーンの有無

…新規契約キャンペーンなど、お得なキャンペーンを実施しているところもあります。
初回に「今月のみ!水〇本プレゼント!」といった限定もあるので、要チェックです。

▽省エネ(エコモードがある)かどうか

…電気代も少なからずかかります。
省エネ対応の機種なのか、または手動でエコモードの切り替えが出来る機能がついているかなど、なるべく電気代を節約したい方はよく確認しておきましょう。

トラブルに合うか合わないかは自分次第ということもあります。
チェックが終わったら、いよいよ契約です。失敗しないためにも各社しっかりと検討し、納得したウォーターサーバーを設置しましょう。

当サイトオススメのウォーターサーバー

マーキュロップ

マーキュロップ
サーバーレンタル料
500円
お水の価格
1,620円

マーキュロップはモンドセレクション2年連続受賞!!天然水の風味を損なわない製法で美味しさ抜群!
サーバーレンタル料がかかってしまうものの1本あたりのお水の値段が安いのでトータルではお得です!

»詳しくはこちら

コスモウォーター

コスモウォーター
サーバーレンタル料
0円
お水の価格
1,900円

コスモウォーターはメンテナンスが不要なだけでなく、初期費用、レンタル料、宅配料が無料!
非常に経済的なウォーターサーバーです

»詳しくはこちら

ページの先頭へ