業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

ウォーターサーバー活用術!飲み水以外の便利な使い方特集!

 >  ウォーターサーバー活用術!飲み水以外の便利な使い方特集!

ウォーターサーバー活用術!飲み水以外の便利な使い方特集!

美味しい水を飲料としてそのまま飲むこと」は、もちろん大前提のことなのですが、ここではそんなウォーターサーバーのオススメ使用例をご紹介していきます。

ドリンクを楽しむ

ドリンク

最近ではこの活用方法が非常に多いのではないかと思います。
ウォーターサーバーいいところは、お湯がいつでもすぐに出す事が出来るところです。
その為、冷たい飲み物温かい飲み物を「飲みたい!」と思った時、その場ですぐ作る事ができるので、便利なのですね。

ウォーターサーバーがあることによって、お湯を沸かしている間に面倒臭くなったり、お湯自体を沸かすのが面倒で飲むのをためらってしまう、といった事がなくなります。
また、水道水から作るのと違って水そのものが美味しいため、作った飲み物も美味しくなるというメリットもあります。

<ドリンク例>
コーヒー、紅茶、お茶、お酒、粉末タイプのスポーツドリンク、など

お料理を楽しむ

ご飯

料理を作る際、ウォーターサーバーは非常に役に立ちます。なぜなら、質の高い水でお米を磨いだり炊いたりすると、水道水を使って同じ作業をするよりも炊き上がり後のお米の味に確実に差が出るからなのです。
実際にご飯を炊いてみると実感できるとは思いますが、炊き上がり後のお米はふっくらツヤツヤで、全くといっていいほど違いが出て美味しいです。

私たち日本人にとってお米は欠かせない、重要視する食事です。お米を食べるなら美味しい方が絶対良いはずですし、水を変えただけででいつものご飯が美味しく変化できるのなら良いですよね。

水を使う料理全般にウォーターサーバーの水を使いたいところですが、全ての料理で使っていては水の消費量が多くなってしまって家計的にも大変なので、ここぞという時に使うのがピッタリです。

例えば、お味噌汁や煮物など、水が料理の味に大きく影響するものなどは、ウォーターサーバーのミネラルが豊富な天然水を使うことで、味がより美味しくなります。

ミネラルが豊富なウォーターサーバー

マーキュロップ

マーキュロップ
サーバーレンタル料
500円
お水の価格
1,620円

マーキュロップはモンドセレクションを2年連続受賞の世界が認めたウォーターサーバーです。
天然水の風味を損ねないように加熱殺菌するなどをして、安全な天然水をお届け出来る徹底した品質管理を行っています!。

»詳しくはこちら

赤ちゃんのミルク作りに

ミルク

体の80%が水分からできている赤ちゃん。抵抗力の弱い赤ちゃんは、ちょっとでも身体に合わない物を体内に摂り入れるとすぐに体調を崩してしまいます
なので、赤ちゃんが口にするものは何よりも安心・安全を第一に考えたいものですよね。

赤ちゃんのミルク作りには水道水を使いたくない。という方もやはり多くいらっしゃいます。
また、粉ミルクを利用して子育てを経験したママ達であれば感じたこともあるかと思いますが、赤ちゃんのミルクを作る作業というのは結構な手間がかかります。
1日に1回だけならあまり負担とは思いませんが、小さな赤ちゃんの場合には1日に10回以上ミルクを与えることもあります。

通常、水道水を使用してミルクを作る場合は一度沸騰したものを使うことが多いのですが、RO水という、不純物をすべて取り除いた純水のものを使えば、最初からミルクにそのまま使うことができます。
ミルクのためにわざわざお湯を沸かす手間が無く、すぐに温水を必要な分だけ出すことができるので、赤ちゃんを待たせることもありません。こういった時、ウォーターサーバーは便利です。
ただし、水の種類が天然水の場合は、ミネラル分が多すぎると赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいお腹を壊すことがあるので、注意が必要です。

赤ちゃんのミルクを作るのにオススメのウォーターサーバー

アクアクララ

アクアクララ
サーバーレンタル料
1,080円
お水の価格
1,296円

アクアクララの水は赤ちゃんのミルクを作るのに最適なピュアウォーターを使用!ROろ過によって99.9%の不純物を除去したお水です。デリケートな赤ちゃんにも安心して飲んでもらえるお水作りをしています。
硬度1mg/L以下の軟水ですので料理に使うのにもピッタリです!

»詳しくはこちら

美・健康・ダイエットに

 
スポーツ

皮膚の多くは水分でつくられています。そのため、みずみずしい素肌や健康な体を維持するには、十分な水分補給が欠かせないのです。
また、人間の身体の約60%は水分で出来ています。体重50kgの人の場合、30kgは水分という事になります。
私たちが生きていくうえで大事な水分ですから、良いお水を摂取して健康を維持していきたいものです。

美・健康・ダイエットともに、1日に飲んだ方が良いとされる水の量は1.5~2リットルとされています。また、7つの飲むタイミングというのもあります。

①起床時…寝ている間に発汗などで水分が失われるので、このタイミングは必須です。

②朝食時…お茶や牛乳などでも良いですが、選べるのであれば水がおすすめ。

③昼食時…コーヒーやジュースよりも、水がおすすめ。

④通勤・通学・家事・スポーツなどの後に…疲れた後の美味しいお水は格別です。

⑤夕食時…美・健康・ダイエットを意識するのであれば、水を飲みましょう。

⑥入浴後…入浴前にも飲むと発汗しやすくなるので、おすすめ。

⑦寝る前…起床時と同じく、朝までの水分補給として、このタイミングは必須です。

また、汗をたくさんかいたりするといつもより多くの水分が必要になります。
夏の暑い日や運動をする時などの汗をかくような日は、水分補給をかかさず、脱水症状を起こさないようにいつもより多くの水を飲む習慣をつけましょう。

「のどが渇いた」と感じる前に水を飲む事が、健康や体力維持にとって重要なこととなってくるのです。マイボトルなどにウォーターサーバーの水を入れて持ち歩く習慣をつけると、手軽に水分・ミネラル補給ができるのでおすすめです。

—ここに案件を入れる—-

また、水をたくさん飲むことで新陳代謝が良くなると言われています。食前にはコップ2杯の水を飲むことで食欲が抑えられるというダイエット法も話題になったくらいなので、水を飲むことはダイエットにもってこいというわけなのですね。

このようなことから、ウォーターサーバーのお水は、定番の飲み水から、ドリンク用、お料理用、赤ちゃんのミルク用、美・健康・ダイエット用…など、さまざまな場面で活用できます。
飲み水のためだけにウォーターサーバーを導入するのはちょっと、、、とお考えの方も、飲み水だけではないという事がおわかりいただけたかと思うので、ぜひ色々な活用方法を試していただければと思います。

ページの先頭へ